最近気になったこと

スポンサードリンク

島根物産展が東京渋谷の東急百貨店で開催!出雲そばランチ食べてきました

2019渋谷東急の島根物産展で出雲そば食べてきました

2019年1月の渋谷東急での島根物産展で出雲そば食べてきました
2019年1月17日(木)から22(火)まで、東京は渋谷東急東横店8Fにて、「島根物産店」が開催されています。早速行ってきました。

島根といえば、昨年阪急交通社のツアーで参加してきたばかり。でも、出雲大社にしか行かなかったので、島根の特産品とか、そう、あの有名な出雲そばでさえ、ちゃんと食べずに帰ってきてしまったんです。

島根に行ったのに、東京で島根の特産物を堪能するなんて状況が逆転しちゃってますけれど、でも、きっちりいただいてきました”出雲そば”。

今日は島根物産店でのランチやイートインできるお店をご紹介します。

 

島根物産店 渋谷東急東横店

渋谷の東急東横店では定期的に物産店を開催しています。北海道や秋田などの特産品もいつも人気です。
今回は島根県が誇るお蕎麦はもちろん、和菓子、魚やしじみ、スズ加工品など充実していました。お客様も初日からたくさん!
2019年1月の渋谷東急での島根物産展で出雲そば食べてきました
左端に立っている方はしまね観光大使の福代恵梨(ふくしろえり)さん。1/17と18日に来店されていたようです。笑顔が素敵なとってもチャーミングな方でしたよっ。

 

イートイン 出雲そば

奥出雲 そば処 一福さん

お昼時はやはり人気で人が集中します。会社員の方もランチに訪れていたようです。私は11:30くらいに到着しましたが、すでに5組くらい並んでいました。でもお蕎麦なので回転も早く、5分くらいで店内に入れました。
2019年1月の渋谷東急での島根物産展で出雲そば食べてきました

メニューと値段

ショーケースにはこんな感じでメニューが並んでいます。
2019年1月の渋谷東急での島根物産展で出雲そば食べてきました
釜揚げそば 864円
天ぷらそば 1,080円
福もりそば 1,026円
割子そば 918円
奥出雲割子 1.296円
天ぷら割子そば 1,512円
追加割子一枚 308円
おろしそば 972円
舞茸ごはん 270円

 

奥出雲割子そば

私が頼んだのは”奥出雲割子”です。こちらのメニューは三段の割子そばと薬味のセットになります。
2019年1月の渋谷東急での島根物産展で出雲そば食べてきました
こちらは注文したての写真で、三段をそれぞれの写真を撮ったつもりで撮り損ねてしまいました。

中身は
一段目 舞茸の天ぷらそば
二段目 とろろそば
三段目 山菜おろしそば
薬味 おかか、青ネギ、のり、わさび

お蕎麦がとにかく美味しい!太めのお蕎麦で、弾力があってコシも強い!かみごたえがあって、お蕎麦の甘みというんでしょうか、しっかり噛んでいると旨味が出てきます。それもそのはず…お蕎麦はその場で手打ちをし切りたてのお蕎麦だとのこと。やっぱり!

舞茸のてんぷらは、衣は薄いんですがサックサクで、舞茸のいい味がじんわり広がります。天ぷらならではの味です。とろろそばのとろろ、おろし方がいいのでしょうか、美味しいんです。トロトロなのにすっきりしてる、出雲そばによくからんでより一層お蕎麦を美味しくしています。山菜おろしは、山菜のちょっとした酸味が、これまた出汁とあいまって味覚を整え、とってもいいアクセントになっていました。

 

割子そばは、食べ終わったら二段目のお蕎麦にかけ、そこに出汁を継ぎ足していくのが正しい食べ方なんですって!初めて知りました。

2019年1月の渋谷東急での島根物産展で出雲そば食べてきました

私は一段目のお蕎麦は、お蕎麦そのものの味を味わいたかったので、天ぷらにかける程度であまりつゆは残りませんでした。なので二段目から実行していました。
だんだんと深まっていくつゆの味…粋な食べ方ですよねっ。

 

それと、こういうイートインで蕎麦湯は期待できないかなぁと思っていたのですが、しっかり出してくださいました。しかも、色見てください!濃いでしょう?もうしっかりお蕎麦の味がして、たっぷり堪能できちゃいました。
2019年1月の渋谷東急での島根物産展で出雲そば食べてきました

お蕎麦三枚って、どれくらいお腹いっぱいになるのかなぁと思っていましたが、食べ終わったらもうパンパン!食べでがあります。余裕があれば舞茸ごはんもって思っていたのですが、ちょっと無理でした。三枚で十分出雲そばを満喫できました!

店頭では出雲蕎麦の他、蕎麦かりんとうや舞茸ごはんの素、蕎麦茶が売っていて、試食もありましたよぉ。

イートイン うなぎ

料亭 ひがしや

こちらはうなぎのお店です。

2019年1月の渋谷東急での島根物産展で出雲そば食べてきました

メニューの写真、ぶれてしまってごめんなさい。値段が値段なのでお客様が並ぶってシーンは見なかったのですが、店頭でもうな重やうな丼を売っていて、そちらはちらほら人が買っていました。ただ、試食はなく残念でした。

イートイン 隠岐の島

離島キッチン

2019年1月の渋谷東急での島根物産展で出雲そば食べてきました

こちらのお店は隠岐の島の名物、寒シマメを使ったお料理を出しています。メニューを見ていると、ちょっと一杯やりたくなるメニューです。

ちなみに出店していたお店の中で1件、日本酒を扱っていたお店がありました。<a href=”https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17c7373f.b74d85eb.1656da33.8ffa592f/?pc=http%3A%2F%2Fwww.rakuten.co.jp%2Fnanakanba-sake%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fnanakanba-sake%2F&link_type=text&ut=eyJwYWdlIjoic2hvcCIsInR5cGUiOiJ0ZXh0IiwiY29sIjowLCJjYXQiOiIxIiwiYmFuIjoiNjczMzAyIn0%3D” target=”_blank” rel=”nofollow noopener noreferrer” style=”word-wrap:break-word;” >七冠馬醸造元楽天市場店</a>さんです。そしてそこにあったお酒の名前は「七冠馬」。ななかんば、と読みます。
この七冠馬とは、かつて競馬界で旋風を巻き起こしたシンボリルドルフをイメージして造られたお酒です。味見させていただいたんですが、とっても美味しいんです。

物産展ではまだWebでも未発表の純米大吟醸のお酒が置いてありました。これ、すっごく美味しかった!!香りも芳醇で、味もしっかり舌の上に広がり、そして喉にゆっくり入っていき、飲んだ後も十分に味わえる、深みのある日本酒でした。価格が確か2,700円。最終日までにまた行ったらぜひ買いたいなと思っています。

 

にほんばし 島根館

東京の日本橋には島根のアンテナショップ「にほんばし 島根館」があります。

島根館は物販がメイン。イートインはないようですが、イベントもいろいろやっているようですよ。

こちらはしまねのゆるキャラの”しまねっこ”。しまねっこがやってくるイベントも時々あるみたいです。

島根出身の有名人

錦織圭選手

錦織選手が島根出身ということで有名になったのが”のどぐろ”。物産店では”のどぐろの干物”がちゃんと販売されてました。

竹内まりや

竹内まりあさんが島根県出雲出身だと、今回までは知りませんでした。
また、竹内まりやさんは出雲市に歌を作っています。「わが愛しき出雲」という曲です。

こちらの動画は、竹内まりやさんから出雲への思いを伝えた応援メッセージが収められています。バックに流れているのが、「わが愛しき出雲」です。

 

さいごに

島根の物産展に初めて行ったのですが、正直、あんなにいろいろなものが置いてあるとは思っていませんでした。お蕎麦としじみがメインかなぁくらいに思っていたんです。でも、干物やかまぼこ、お茶もあって意外でした。どうも出雲とか松江のイメージが強くて、隠岐の島を始め、海に面していることを忘れていたので、しじみ以外の海産物ももちろんありますよね、よく考えたら。
干物屋さんではいわしの干物、ハタハタの干物の試食をさせてくれて、いわし買ってしまいました。最終日までにのどぐろの干物を買いたいなと思っています。あと、干し柿も有名とのことで、とっても美味しい干し柿を買ってきました。もう食べてしまったので写真がないのですが^^;、あっさりした甘みでとても食べやすかったですよ。

東急東横店での物産展は京王百貨店や小田急百貨店に比べたら小規模なのですが、それでも十分楽しかったです!物産展は無理でも、機会があったらにほんばし島根館へでもぜひいらしてみてくださいね。

スポンサードリンク

今田耕司オススメ芸人 石原さとみの好物はパーティーパーティー


さんまのまんま新春大売り出し、今年も放送されましたね。

その中で目を引いたのが今田耕司さんが紹介していた若手芸人。毎年数組みの芸人が紹介され、その中にはガリットチュウ、渡辺直美さんも!で、今年紹介されていた芸人は4組。

私、お笑いで好きだったのは九十九一(つくもはじめ)という方だったんです。大昔、「お笑いスター誕生」って勝ち抜き番組があって、かつてはつまみ枝豆さんやダンカン(ふんころがし)、東国原英夫(そんまんま東)さんもここを通った番組。
今では若手芸人を排出する対決番組とか審査番組とか多くありますが、その中で、何の賞もなく、単なる独断と偏見でいじって若手を紹介するコンセプトがいいなぁと思ったのがさんまのまんま恒例の今田耕司さんのコーナーだったんです。

今回は今田くんが取り上げた若手芸人4組の評判なんかをレポートします。
 
 

 

今田耕司オススメ芸人1 パーティーパーティー

今回、ゲスト出演していた石原さとみさんが気に入った芸人が吉本の”パーティーパーティー”。

石原さとみさん、パーティーパーティー見ながらずっと笑いっぱなし!
トイストーリーのウッディみたいな格好して登場したのはツッコミのきむきむ。
スピーディーなやりとりが小気味いい感じです。

ネットでは
「いつも劇場で見ているネタも新しいネタも面白かった!」
「コンビのバランスがいいですね!楽しい」
と評判です。
 
 

今田耕司オススメ芸人2 レッドガオ

次はなんと、Excileや三代目などのダンスを取り入れているレッドガオ。

このレッドガオ。ちゃんとヒロさん(EXILEのリーダー。LDH JAPANの創業者、会長、元代表取締役社長。)に許可を取って、公認でフリまねしてるんだって!
ChooChooTrainもあるしRYUSEIもあるし、ダンスのふりとネタをうまーく絡ませてやってました。新しいリズム系かな?


 
 

今田耕司オススメ芸人3 ぼびぼびお

次は、次は、なんと太田プロ預かりで、芸歴12年。でもデビューして2年っていうブーブークッションネタをぶちこんできた”ぼびぼびお”。これが、おもしろ荘ではまーっったく,
1mmも受けなかったんだって。ウケる!!今田くんもそこに魅力を感じて今回オファーしたとのこと。

ネタは、なんか痛々しいんだけど、いろんな意味で笑えました。自虐も入ってるんだけど、なんか綺麗な自虐で、私は嫌いじゃないなぁ。

ネットでも
「くだらなすぎて笑える!」
「なんか面白い」
「いいんじゃない?あたし好きだわぁ」
って、まんざらでもない評価なんですよ〜。

さて、この放送によって、太田プロの正式所属になるか!吉本がスカウトするか!さてどうなる!?要チェック!!
 
 

今田耕司オススメ芸人3 LOVE

そして4組目、ラストを飾ったのはLOVE。

個人的に、こういう、ピッピングワールドみたいなネタ、好きなんです。よく観察してるなぁって感じ。


 

評判は?というと
「LOVE面白いい!!」
「LOVEのたつろうって人の人間観察力にビビる」
「LOVEのたつろうって人、ピンでもいけるんじゃね?てか、細かすぎてで「25番、ラッキーストライク」やの人やったとは!!!」
って、ちょっと通好みっぽいのかもしれませんね!
 
 

2018年紅白歌合戦 DRUM TAOって?衣装デザインは誰?


さて、大晦日を迎え、紅白歌合戦当日になりましたね。
私のブログでは松田聖子のことを書くことがしばしばありますが、今年の松田聖子の対戦相手は氷川きよし。そして、氷川きよしとコラボするのが、世界的に活動し高い評価を得ている和太鼓エンターテインメント集団”DRUM TAO”。ドラムタオと読みます。

和太鼓集団って、お祭りで和太鼓鳴らしているイメージがあるのですが、世界的に評価されてるって、一体どんな演奏なのでしょうか?きになるところです。

そこで松田聖子VS氷川きよしの対戦はだいたい何時頃チャンネルをつければ見られるのか?また、DRUM TAOって、衣装がとっても個性的で一度見たら忘れられないのですが、一体誰のデザインなのか・・・。

今回は、紅白に出演するDRUM TAOについてちょっっと調べてみました。

DRUM TAOって何?

DRUM TAOとは和太鼓エンターテインメント集団。世界26カ国、500都市で演奏し、観客層動員数はなんと800万人を超えるほどの人気なんです!結成は1993年。和太鼓、篠笛、三味線、箏の演奏によるアクロバティックなパフォーマンスと、日本の伝統と前衛を融合した独自のエンターテインメントを創造し続けています。

DRUM TAOの衣装

DRUM TAOのステージ映像を見ていると、彼らが来ている衣装が本当に印象的ですよね。ちょっと星飛雄馬の筋肉強制ギプスを思い起こさせます。
普段のステージ衣装はあのコシノジュンコさんが手がけているといい、すでに7年も担当していて、制作した衣装の数は累計で数先着を超えると言います。

コシノさんはDRUM TAOについて
「彼らに出会った時、近い将来、日本のコンテンポラリーとして世界的に活躍し、すごい存在になると確信した。まさに魅了する太鼓だ。衣装デザインは『ドラム タオ』らしさを追求して常に実験しているが、今回は光とメタリックをイメージし、輝きと強さを表現した。これまでの積み重ねを凝縮し、新しい強い世界観を出している」
と話しているといいます。

今年の紅白の衣装も、きっとコシノさんが手がけてくれたらいいなぁと思っています。

紅白直前パフォーマンス

こちらは12/29にNHKで披露された紅白直前の特別番組で演奏された曲と同じ演目の映像です。

すごい迫力ですよね!
彼らは朝6時の走り込みから1日が始まるそうで、それはメンバー全員。男女の分け隔てなく基礎トレーニングをこなしていくといいます。全員が同じことをし、苦しさも辛さもわかりあい、それをベースに同じ舞台を作っていく。だからこそ、ステージでどんなに動いても音楽性を損なわず、しかも全員で調和させながら演奏していくことができるんですね。

あさイチでのパフォーマンス

2017年7月、まだ有働さんやイノッチが司会をしていたあさイチにゲストとして呼ばれたDRUM TAO。スタジオの中でのパフォーマンスです。

いやー、人数も少なくてスタジオだから広さも十分ではない中、それでもこれだけのパフォーマンス、、、すごいですよね!彼らを大きなステージで、大きな音で見て感じてみたい!って思わず思ってしまいます。

公演スケジュール

東京では2月にbunkamuraオーチャードホールで予定があるみたいです。

DRUM TAO2019「RHYTHM of TRIBE〜時空旅行記〜FINAL」
公演期間 2019年2月6日(水)〜8日(金)
会場 bunkamuraオーチャードホール
S席 8,500円/A席 6,000円

こちらの公演にはお食事付きプランや屋形船に乗るプランもあるみたいですよ〜。
→ DRUM TAOの公演チケット詳細はこちらから
icon

まとめ


1. 2018年紅白歌合戦で松田聖子の対戦相手は氷川きよしさん。
2. 氷川きよしとコラボするのは和太鼓エンターテイメント衆参のDRUM TAO(ドラムタオ)。
3. DRUM TAOは世界26カ国、500都市で演奏し、観客層動員数はなんと800万人以上。日本のみならず世界で評価されている人気のアーティスト。
4. DRUM TAOはいつも個性的な衣装でステージに立っていますが、デザインはあのコシノジュンコさん。
5. コシノジュンコさんは7年前からDRUM TAOの衣装を手がけており、これまで数千点の衣装を制作しています。
6. 今後、DRUM TAOの公演は2月の東京が予定されており、チケットも発売しています。

さいごに

和太鼓の音って、それだけでいいですよねぇ。振動が肌に伝わってくるようで、、、。私はアフリカのドラムを叩いていたことがあって、太鼓の皮が震える振動って、なんだか心地いんです。ては痛いんだけれど(笑)。DRUM TAOの圧巻のパフォーマンスを全身で感じてみたいです!

鷹の爪 出雲大社周辺でカレンダーや吉田くんグッズが買えるとこは?

11月に行った阪急交通社の広島・島根・鳥取ツアー。島根といえば出雲大社、そして、知る人ぞ知る”鷹の爪団”。鷹の爪の吉田くんは松江市出身。だから松江に行けば多くの鷹の爪団グッズがあるようなのですが、今回は出雲。

そこで、出雲大社にいらっしゃる方で鷹の爪グッズが見たい!買いたい!という方向けに、私がゲットしたお土産をご紹介したいと思います。

 

鷹の爪グッズ 島根ワイナリー

島根ワイナリーは出雲大社に比較的近くにあります。ツアーではここでランチをいただきました。ワインの試飲もできるようなのですが、そんな時間的余裕はなく、急いでお昼ゴハンを食べ、そして鷹の爪グッズがあるかもしれない売店に急ぎました。

 

島根ワイナリー 鷹の爪グッズ

お店に入るとまずは吉田くんが出迎えてくれました。

吉田くんがいるということは、つまりは鷹の爪団グッズがあるあってことですよね!とばかりに探したところ、、、ありましたありました!1コーナーがっつり鷹の爪グッズ!

鷹の爪 2019年カレンダー

時間もなく、ゆっくり見ることができなかったので、取り急ぎこちらの卓上カレンダーをGet!

なんと、和暦ですよん、和暦!昭和94年って^o^
そのウィットに富んだカレンダーを島根で買えるなんて、私的には結構嬉しいです〜。

中身はこんな感じです。

こちら買ったのは島根県。しつこいようですが、島根県なので、出雲大社がある。出雲といえば、八百万の神が出雲大社に集まります。なので、、、普段私たちが目にしている10月の”神無月”は、出雲の国では”神在月”になるんですよ!不覚にも、私知らなかったんです。鷹の爪のカレンダーの10月はちゃんと、、、なってますなってます。

鷹の爪グッズ 観光センターいずも

出雲大社のすぐ近くにある観光センター。お土産物屋さんやおそばやさんなどを経営しています。

こちらには、タオルや食品とのコラボとして吉田くんが登場!お店が変わると当然ですけれど、扱うものも違いました。

鷹の爪 吉田くんタオル


渋くて、かっこいいですよね〜。スポーツタオルなので、バスタオル代わりにもなるし、枕カバーにもいいかなぁなんて思っています。

 

鷹の爪 食品

島根か鳥取か分からないけどそこら辺に行ってきました

ネーミングがとにかく鷹の爪っぽい(笑)カレンダーも島根VS鳥取の自虐ネタだし、こちらはお正月になったら開けようと思っています。

吉田くんの鼻くそ

って、どないやねん(笑)。これ売れるのかなぁってネーミングですよねぇ。でも黒豆の甘納豆ってことで、なんだか縁起もよさそうだし、なんといっても吉田くんの鼻くそだし、こちらもお正月にいただこうと思っています。

 

豆富にかけるだし醤油

こちらは、平野醤油さんの醤油と、薩摩産鰹節と北海道日高昆布と三河ほんみりんを調合して作っただし醤油。豆富にかけてって書いてありますが、豆富以外にも美味しかったです!

 

ごまふりーく

ご飯にかけたり、お弁当にふりかけても美味しいんです。なんか縁結びのシールも貼ってるし、吉田くんがズバババーン!と松江城を紹介してるし、元気になれますよっ。

 

まとめ

1. 出雲大社付近で鷹の爪団や吉田くんグッズが買える場所をご紹介しました。

2. 島根ワイナリーではカレンダーやキーホルダーなどの小物が売っています。

3. 出雲大社に近い観光センターいずもでは、タオルやカレンダーはもちろん、食品とのコラボ商品も売っていました。

 

さいごに

カレンダーやグッズはDLEオンラインショップ(DLEとは鷹の爪の製作会社です)でも売っているのは知ってるんですが、なかなか買う気になれなくて。でもせっかく島根に行ったんだから!って買ってしまいました。ごまふりーくなどの食品は一緒に行った母が「もっと買ってくればよかったぁ」というほど気に入っています。

個人的には、鷹の爪グッズ以外にもDLE関連のものがあるかなぁなんて思っていたんですが、さすがにコフィーちゃんや土管くんはなかったですねぇ(笑)。なんといっても吉田くん!です。

→阪急交通社ツアーの鳥取についての記事はこちらからご覧になれます。

鳥取旅行紀〜砂の美術館、鳥取砂丘、白兎神社に行ってきました〜

鳥取旅行で砂の美術館や鳥取砂丘や白兎神社へ行ってきました

鳥取旅行で砂の美術館や鳥取砂丘や白兎神社へ行ってきました
先日、阪急交通社が企画したツアーに参加しました。10月中旬に新聞広告で出ていたツアーで、参加したのは11月初旬。広島と島根と鳥取を、バスを使って移動し名所を巡る旅。
そのツアー名は阪急交通社の【2泊目菊之湯宿泊プラン】出雲大社・鳥取砂丘・足立美術館と[世界遺産]厳島神社・原爆ドーム3日間

そして、今回ご紹介するのは三日目に組まれていた鳥取県での名所「砂の美術館」です。

砂の美術館

実は、このツアーに参加するまで「砂の美術館」って知らなかったんです。でも、新聞でこの記事をみた時に

ここには何としても行きたい!!

って強く思いました。だって、砂で作った作品なんてすごいって思って。

砂の美術館ってどんなところ?

鳥取旅行で砂の美術館や鳥取砂丘や白兎神社へ行ってきました

鳥取砂丘にほど近いところにある「砂の美術館」。砂像彫刻家兼プロデューサーの茶圓勝彦さんがプロデュースしている「砂で世界旅行しよう」をコンセプトに、毎年海外各国の砂像彫刻家により世界最高レベルの砂像を展示しています。この活動は2006年年より始まりました。

作品は、会期が終わりともとの砂に戻っていきます。そんな刹那的で、しかしながら本当に力強く精巧な大きな、巨大な作品がびっしり詰まっているのが砂の美術館です。

砂の美術館 どんな内容?

鳥取旅行で砂の美術館や鳥取砂丘や白兎神社へ行ってきました
私が行った時には「砂で世界旅行〜北欧編〜」を開催していました。各国の砂彫刻の芸術家たちによって、北欧にちなんだ作品が作られています。

この写真は、2階のバルコニーから撮影したものです。正面に見えるのは滝を背景に作られています。壁一面がオブジェ!

こうして2階に立つことで全容を感じることができます。まが、上から見ないとわからない”しかけ”があったりするんです。行ってみないとわからない、お子さんはもちろんですが、大人こそが楽しめる美術館です。

砂の美術館 こんな作品があります

鳥取旅行で砂の美術館や鳥取砂丘や白兎神社へ行ってきました
こちらは「ニルスの旅」の彫刻です。上から見た時にはよくわからなかったんですが、1階に降りてみたら、、、まあ大きい!そしてなんと精巧で、でも可愛く、躍動的なその様子!

こちらは館内で撮影した映像です。砂の美術館の様子を少しでも!タイトルの説明をしているのですが声が小さくで聞こえずらかったり、またあっちの作品、こっちの作品といろいろ変わり拙い映像ですが、8分弱の砂の美術館をどうぞご覧くださいませ。

鳥取砂丘

さて、砂の美術館の次は鳥取砂丘です。この日、11月だというのに本当に暑くて!25度はあるんじゃないかと思われ、秋服を着ているのがバカバカしいほどです。半袖の方々も結構いて、お子さんなんかは池で水遊びをしていました。でも、その分、空の青さと砂の色が眩しくて。
しかし、歩き始めると結構急な傾斜で、さっきまで見ていた優雅さというか、爽やかさとは打って変わってキツイ!私は動画撮影しているにもかかわらず、ぜーぜーと呼吸が荒くなってしまいました><。

鳥取砂丘 どんなところ?

途中、同じツアーに参加していた女性と一緒になり、会話しながら歩いている、そんな様子も映っていますが、鳥取砂丘の様子をご覧くださいませ。

白兎神社

白兎神社は”しらとじんじゃ”と読みます。あの有名な「いなばの白うさぎ」が由来となっている神社です。神社の手前は道の駅にもなっていて、施設内にはうさぎをモチーフにしたものが飾ってありました。
鳥取旅行で砂の美術館や鳥取砂丘や白兎神社へ行ってきました

白兎神社 どんなところ?

「いなばの白兎」に登場した白うさぎである”白兎神”を祀った神社が白兎神社です。

ー「いなばの白うさぎ」の物語はこんな内容です。ー
大国主命(オオクニヌシノミコト)いわゆる大黒様は八十神(やそがみ)という多くの兄弟がいました。この兄弟たち、因幡にいるヤガミ姫という美しいお姫様に求婚しようと旅立ちますが、なんと大国主命に荷物を全部押し付けついてこさせました。その途中、ワニを騙して一列に並ばせ海を渡ろうと画策したうさぎに出会います。うさぎの嘘はまんまとワニにばれてしまい、皮を剥がされ丸裸になって泣いていました。面白がった八十神たちは「海水で体を洗って風に当たれば治る」と嘘を教え、余計に症状が悪化したうさぎを見てあざ笑っていました。
鳥取旅行で砂の美術館や鳥取砂丘や白兎神社へ行ってきました
重い荷物を持って遅れてやってきた大国主命。痛がってシクシク泣いているうさぎを見てかわいそうに思った大国主命。
「すぐにきれいな水で体を洗い、蒲黄(がま)の穂の上で寝転んで花粉を体につければもとどおりの体になるでしょう。」
大国主命の言う通り、うさぎは見事、もとの”因幡の白うさぎ”に戻りました。そして大国主命に
「あなたこそがヤガミ姫を妻にするにふさわしい方です。きっとヤガミ姫はあなたと結ばれるでしょう」
と告げます。そしてその通り、ヤガミ姫は大国主命を選び、めでたく夫婦となった、、、ということです。
鳥取旅行で砂の美術館や鳥取砂丘や白兎神社へ行ってきました
↑こちらの像は、境内の入り口にある、大国主命とヤガミ姫をうさぎが見守っている様子を表しています。

鳥取旅行で砂の美術館や鳥取砂丘や白兎神社へ行ってきました
その像の前から見える景色です。因幡の白うさぎ海岸がとても眩しかったです。

まとめ


・阪急交通社のツアーで鳥取に行ってきました。
・鳥取では砂の美術館、鳥取砂丘、そして白兎神社に行きました。
・砂の美術館は鳥取砂丘にちなみ、2006年から世界の砂彫刻のアーティストがテーマに合わせた彫刻を作っています
・私が参加した時は”北欧”をテーマに、多くの大きな作品が展示されていました。
・砂の美術館の近くには鳥取砂丘があります。
・鳥取砂丘は見た目よりもずっとキツイ勾配があります。
・頑張って登りきると、そこからは大きく広がる海岸を見下ろすことができます。
・鳥取には”因幡の白うさぎ”の舞台となった海岸があり、白うさぎを祀った”白兎神社”があります
・白兎神社は縁結びの神、皮膚の神様として崇められています。

さいごに

この阪急交通社のツアーは初日が広島で宮島(厳島神社)、2日目が島根で出雲大社、そして3日目にこの鳥取だったんです。3日間の中でこの鳥取が一番観光したな、と思えます。一番歩いたとも言えるかも。1日のほとんどをバスや電車に乗って移動していた前2日に比べて、自分の足で旅行した!と実感できたのがこの日だったんです。
私の母は81歳の立派な後期高齢者なのですが、鳥取砂丘に憧れており「死ぬ前に一度行ってみたかった!」と、自力で登っていました。同じツアーの参加者はみな母より若い方ばかりだったのですが「あのおばあちゃんが登ってるんだから頑張らなきゃ」とおっしゃっていたとのこと。
やっぱり実感するって大事だなぁとつくづく思いました。

後日、2日目の島根の出雲大社にお参りした際、買い込んだ鷹の爪団関連のおみやげについて記事にしたいなぁと思っています。

鈴木梨央の歌った「I Believe」に感動!何が上手いのか?


先月、たまたま家族が見ていたカラオケ番組に出演していた鈴木梨央さん。
 
私、それまで彼女のことをあまりよく知らなかったんです。そして、彼女が歌った楽曲も、正直あまりよく知りませんでした。
 
歌った歌は絢香の「I Believe」。これが、鈴木梨央さんが歌った歌が本当に良かったんです。なかなかあんな歌い方はできないなぁって感心しちゃいました。少なくとも私にはできない。。。絢香の歌も聞かないので、逆に絢香の歌声と比較することなく聴けたんだと思います。
 
そんな鈴木梨央さんの歌声を、今日はご紹介します。
 
 

鈴木梨央 カラオケ番組での「I Believe」

鈴木梨央さんの存在を私に印象付けたのがこの「I Believe」。まずはYouTube動画を御覧ください。
 

鈴木梨央「I Believe」動画


 

鈴木梨央の歌唱 何が素晴らしいの?

これは完全に私の趣味嗜好なんでしょうけれど、彼女の歌を聞いた後から彼女の歌声が耳から離れなかったんです。「I Believe」は絢香さんの歌ということは知っていたし、彼女の歌も聞いたことがあったのですが、もうオリジナルと思えてしまうくらい(笑)
 
彼女の歌を「たいして上手くもないくせに」と私の姉なんかは悪口言ってましたが、確かに、上手く聞こえるような技を使ってて人に比べたら”つまらない歌”と聞こえてしまうかもしれません。
 
みなさんの中にも、「これで上手いの?何に感動するの?」って疑問に思った方、いらっしゃるかもしれません。
 
でも、
 
その”つまらなさ”が上手いポイントなんです。確かに劇的に歌うって、声量もいるし、逆に盛り上げるために声を抑制するといったコントロールする力が必要になるので、それはとても素晴らしい技術なのですが、狙った音を、ストレートに、まるで鉄琴を鳴らしているような正確さと素直さで歌えるって、できそうでできないんですよ。
 
例えば、松田聖子さん。
ここ数年、紅白での歌に「溜め歌いして聞き苦しい」「演歌みたい」と揶揄されたりしてますよね。
→それについてはこちらのブログを参考になさってください。
そんな聖子さんの歌は、ある意味技というか、対処法なんです。高音が出せないとか、息が続かないとか、聖子さんの場合は息を吸うタイミングが歌の出だしに間に合わないといったところだと思います。
 
普段歌ってる方を見ていると、音を持ち上げて合わせてるケースって多いと思うんです。どっちかっていうと狙った音のちょっと低めからズリッと持ち上げて音を合わせる。
 
でも鈴木梨央さんの場合は、真っ平ら。スケートリンクの上にストンと確実に乗って、氷の上をすーーーーっと滑っていくようななめらかさと伸びやかさがあるんです。しかもぶれない、力んでもいない。
 
そして、何より彼女の宝物だなと感じたのは 素直さ です。
 
あーゆー、コンテストとかバトル系の舞台になると「私が一番!」「絶対勝ってやる!」みたいな士気とかやる気がみなぎって、その気持ちが声や歌い方に転写されてしまいがちなのですが、本当に丁寧に、素直に歌っているんですよね。
それって、やれって言われてもなかなか難しいことなんです。
 
それまでの苦しい練習や、人から褒められたこととか、その過去の栄光にしがみつかない、頼らない、すがらない。しかも媚びない。
 
鈴木梨央さんの練習風景などがやはり動画にあったのでそちらも御覧ください。
 
 

鈴木梨央「I Believe」練習風景


 
周りの人、例えば事務所とか歌唱指導者がよくぞこの彼女の歌をいじらないでいてくれてるなぁと感心します。たいてい、いじりたくなるんですよ。よく言う上手い歌い方をさせたくて。余計なボイトレさせたり、歌い方に癖をつけたり。(余談ですが、小さな男の子がその番組で上手く歌ってましたけれど、あれ、お爺さんの趣味なんですよね。あの癖をとるのって結構大変だと思います。この先も歌っていくときにね。)
 
私が好きな歌い手さんで福原美穂さんっているんですが、彼女がそうなんですよ。高校生の頃、本当にうまくて素敵だったのに、大人たちにいじられてしまい、ちょっと癖ありソウルな路線になってしまいました。
福原美穂さんの歌声についてはこちら
 
 

習わないことの難しさ

鈴木梨央さんがボイトレについているかどうかはわかりません。
今度ホリプロ主催の舞台「奇跡の人」で高畑充希さんと共演するそうなので、なんらかしらはやっているかもしれませんね。

 
絵でも歌でも、本当は自然発生的に出てきたものが一番いいんです。いちばん上手いんです。素質ってあるじゃないですか、その素質を曲げたり他の色で塗ったくったりしちゃダメなんです。
例えば絵の場合、デッサンができなければ本当の意味で上手いとは言えない、とか、後々つぶしがきかないとかって言われます。私も絵を描いている頃いろんな方からアドバイスもらいました。
確かにそうかもしれません。でも、一般の、いわゆるりんごやみかんの静止画を上手にかけても、その人が生まれながらにしてもっている視点や感性は他の人には真似できないんです。そこを、上手に描く方法を教え込もうとすると、とたんに持って生まれた魔法は消えてしまいます。
 
ちょっと才能がありそうだと、習った方がいいんじゃないか、ブラッシュアップするんじゃないかって思ってしまいます。
でも教えられる環境に身を置くより、描いた方が、描きたいって思える環境に置いてあげる方がずっと尊いことだと、私は感じています。将来何になるとかそういうことと直結させない。才能は、その才能を本当の意味で尊重し、尊敬できる指導者のものとで開花されて欲しいと切に思います。
 
とかく、指導者は自分が指導したことを誇示したいがために自分色に染めようとします。そういう意味では、私が最後に習った弓場徹先生は、本当に素晴らしい先生でした。歌を尊び、声を尊び、そして生徒を尊ぶ姿勢でいつも歌に携わっていらっしゃいました。
 
才能とは、何も食べていくためだけのものではないですよね。歌いたいとか、描きたいと思う心や気持ちをもてることこそ何より大きな才能だと、私は感じています。
 
 

今日のまとめ


1.鈴木梨央さんがテレビ番組のカラオケバトルコーナーで「I Believe」を歌いました。
2.鈴木梨央さんの「I Believe」が本当に素晴らしかった。
3.鈴木梨央さんの素晴らしさは、音を正確に捉えることできること、捉えた音をまっすぐ声として発声することができること。
4.また、その声のまっすぐさ透明度が、そのまま彼女の素直さも表現している。
5.子供の頃に、上手いからとすぐに習わせるのは才能を摘み取ってしまうことになりかねない。まずは表現したいことを表現出来る環境作りが大切だと思う。
 
 

さいごに

歌を歌いたい、何かを表現したいっていう気持ちは、本当に尊いものです。その気持ちを大切に、なにより大切にしていただきたいと思っています。