未分類

スポンサードリンク

労災請求へ道2〜労働基準監督署からの連絡〜

先日、労災請求に至った記事を書きました。

”先日”と言っても5月なのですが、あれから4ヶ月後、9月上旬になって労働基準監督署から電話がありました。

 

当初、「半年くらいはかかると思っていてください」と言われていたので想定内ではあったのですが、

何を聞かれるんだろう?

と少々緊張してしまいました。

 

その電話でどんなことを話したのか?をこれからレポートします。

 

労働基準監督署の方とのやりとり

印象

実は、労働基準監督署の方の対応があまり良くない、高圧的な態度をされると言った前情報があったんです。どこの地域の、、、ということではなく、全体的に”労働者”側の人ではなく、かと言って企業側というわけでもなく、あくまでも企業に労災保険に加入させる公務員といった立場。

なので対応がドライなんです。

でも、私に対応してくださった方はみなさんとてもいい方で、私の知人は

「納得いかないなら泣き寝入りしかないですよ」

くらいのことを言った担当者もいたらしいのですが、ちゃんと丁寧に対応してくださってます。

(ま、多少「やっかいなケースだなぁ」という感じはあるのかもしれないですが、、、)

 

ヒアリング内容

事故の状況について

「どのような仕事をしていたのか?また、その仕事をするに至った経緯を教えてください」

と聞かれました。

 

業務委託契約について

「所属していた会社から事前に問い合わせを受けていて先方は『Web上でスタッフ登録した際に”業務委託であること”と”業務委託についての規約”に同意する旨チェックしている』と伺ってますが、そのようなものを5ランクなった記憶がありますか?」

とのこと。

「はい、見ていると思います。ただ、内容は覚えていません。」と答えました。

 

仕事をする上での状況について

・勤怠管理
・残業について
・報酬の金額
・遅刻、欠勤についての罰金の有無
・自分以外の人に業務を依頼することができるか否か
・仕事のやり方についての指示はあったか否か
などを確認。
・社会保険(雇用保険、健康保険、年金)は支払っていたか否か

 

提出するものについて

「このお仕事について、発注書やマニュアルなど、見せていただけるものを送っていただけますか?認定できるか否かの判断の際、参考にしたいので用意できるものがあればお願いします」

とのことでした。

私の方からは、発注書や仕事の依頼書はWebから削除されてしまっていたため

・メールで送られてきた仕事の詳細
・担当者とのやりとり
・マニュアル
・業務報告書

などを送ることにしました。

 

今後の展開

今後は恐らく、私の送った資料をもとに事実関係を整理し、所属していた企業の実態を調査していくものと思われます。

私としては業務委託契約を承知で仕事をしていたのでかなり厳しい立場ですが、どのような結果がでるのか、しばらくは静観する状況ですね。

 

労災にこだわる理由

もう、怪我をしてから5ヶ月も経ってしまい、正直よくわからなくなっています。

ですが、思い返せば”業務委託”ってそもそも何?というところがわからなくなってしまったことから、今回の労災請求を強く希望したように思います。

労働者とは何か?
業務委託者は労働者ではないのか?

例えば、お肉の場合、”国産”というシールを貼ってあればそれは国産肉なのか?という感じです。

 

でも、決まりは決まりなので、労働基準監督署の審判に委ねたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

松田聖子さん記事:Tさんへのお返事

紅白での松田聖子 口パクの真偽 これで最後?

の記事にコメントくださったTさん。

 

私は松田聖子のファンを20年以上しています。その中で引退するとかしないとか、考えたことはありません。それは彼女が決めることです。どんな決断をしようとそれを受入れて行くつもりです。

限界なのは”松田聖子”というブランドです。彼女や世間が作って来た”松田聖子”像、ブランドの限界です。それを追い続けるがために、彼女はどんどん歌い方に無理をしないといけない状況になっています。これが続けば本当に歌手活動の危機に直面する可能性も高いのです。

一時期は、「あ、ボイトレ受けたのかな?」「喉や身体のメンテナンスしたのかな?」という風に感じるくらい、声が復活したこともありました。でも長くは続かなかった。状態はどんどん悪化して聴こえました。

 

口パクについて、彼女が自分のコンサートでやっているだけならまだ甘く見ることができました。でも、音楽番組でもだんだん生では歌わなくなりました。

それでも「きっとコンサートツアーのために温存しているのだろう」と期待を込めて堪えていました。

 

でも、紅白は違います。全国で海外でもたくさんの方が注目しています。

そんな中、どう見ても今の松田聖子が生で歌って出せないと思われる音、そして母音を奇麗に、眉間にしわを寄せることなく歌っている姿が流れました。

気づけば多くの方が松田聖子が歌っているいないかを気にするくらいのクオリティだった現実を目の当たりにしました。

「歌えないなら紅白には出ないで欲しい。」

これは私の本音です。

 

私は「聖子ちゃんはかわいいから何やってもいいの」というタイプのファンではありません。松田聖子の姿勢がファンを育て、ファンの姿勢が松田聖子を育てて行くと思っています。歌手と言う看板をつけている以上、外してはいけない道があります。

歌える人であると言うこと。

 

別の方のコメントに「私は松田聖子にアンチエイジングなんて望んでいない。今の松田聖子として歌って欲しい」
と、歌手・松田聖子への想いが綴られていました。
それは私も同感です。

 

 

 

またタイトルを変えたことについて。
「タイトルがどぎつすぎる」とか「タイトルがあまりにひどい」というならわかります。でも、Tさんがおっしゃっているのは

「自信がない」

という点。指摘されて変えるくらいの自信しかないなら記事を書くなとまでおっしゃっています。

正直、そんな自信あってもなくても、私はどっちでも構いません。代償⇒真偽に変えたところで、私の言いたい内容に代わりはなかったので、情報を元に変更しました。

 

もし私に自信があるとしたら、松田聖子はまだ進化できる、そう思っていること。

でもそれも聖子さん自身が決めること。ただ私は遠くの世界からつぶやくしかできません。Tさんがコメントくださったことに私が反応しているようなことはないんですよ、何も届かないんですよ。

それでも、松田聖子をネタに記事を書いています。松田聖子をスキャンダルまみれの時も、落ち目でファンだというだけで白い目で見られても、コンサートでマライヤやマドンナの真似をして恥ずかしい気持ちにさえなった時にも、私は松田聖子のファンをやってきました。だからこそ書けることがある=私の思想の表現。

意見には個人差があります。
聴き方にも個人差があります。
文章の捉え方にも、表現の仕方にも個人差があります。
それを踏まえ、私の記事で不快になったのなら謝ります。

恐らく、ほとんど読まれないであろうこの記事。
Tさんも読むかわからないこの記事。
それでも、コメントへのお返事として、あくまで私の個人的な”私自身”を表現したつもりです。

 

私の大好きだったホイットニーヒューストンの声はもう聞くことが出来ません。彼女も復帰後は声がでなくて音域も狭くなってしまい、お客から「金返せ」と言われるようなコンサートをしていました。でも、恥も外聞もなく必死に歌う姿は本当に美しかった。

 

歌手である限り、松田聖子には歌える人であって欲しい・・・まだ生きているんだから。

 

ゑり音