聖子

松田聖子 パクリじゃないよね?似過ぎてる歌ーGone with the rainー

1

松田聖子の楽曲で Gone with the rain という歌があります。
これがとてもいい曲なんです。
いい曲なんです。

初めて聴いた瞬間

「あちゃーーーー><」

と思ったほど、いい曲であるあの曲に似てる

 

私は松田聖子のファンです。
その私もさすがに これはちょっと恥ずかしいかも・・・ と思ったほどでした。

 

Gone with the rain

どんな曲?

これは松田聖子作詞、松田聖子&小倉良作曲となっています。ではどうぞ・・・!

 

いい曲ですよね〜。

ま、これも口パクですから、歌もきちんと聴こえますね。

 

あ〜、この曲だ!

ではこの曲に酷似している超有名な楽曲をご紹介します。どうそ!

 

どこが似てる?

ギターアレンジ(特にイントロ)

こればっかりはねー。
ギタリストの小倉さんの憧れでわかってて弾いてるのか、わからないと思って弾いてるのか、聖子ちゃんのわがままでクラプトン風に弾いているのか・・・

小倉さんがクラプトンへのリスペクトの意味で弾いてると信じたいですね、、、ほんとに。

 

ChageTheWorldバックにGoneWithTheRainが歌える

まったくそのままではないにしろ、歌えません?

いやね、わかるんですよ。大好きな曲の一旦を思い出しながら作り始めると、もうその曲モードになってしまって似たような曲になってしまうって。よくあるんです、よくあるんですよ〜。

でも、そこんとこを、チーム聖子のメンバーはどうしようもできなかったのでしょうか?ビート感まで同じって、ちょっと残念過ぎます。

 

歌の力〜BabyfaceとClaptonの競演

もうね、これ好きだわぁ!
とにかくかっこいいので、3分ちょっとと短めなので、最初で最後だと思って聴いてみてくださいませ!

 

聖子楽曲と似ているその他の洋楽

20th Party

デビュー20周年に合わせて作られた「20th Party」。
「裸足の季節」から「旅立ちはフリージア」までだったか、歴代のシングル曲のタイトルとわかるフレーズ(キーワード)を歌詞に盛り込んでいるかたちです。

ではどうぞ!(最初、「これ、カラオケ映像?」と思ってしまうほどチープ感満載ですが、大丈夫です、聖子ちゃんのPVです)

 

グロリア・エステファン「1.2.3」

聴いた事ありましたか?

「1.2.3」より、「20th Party」の方が賑やかで華やかですねっ。

 

聖子楽曲以外で、似てる曲同士ってある?

「なんたって18歳」

これは「なんたって18歳」という、昭和40年代頃のドラマの主題歌です。このイントロ、あのアニメの曲に似てません?

 

「花の子ルンルン」

 

裁判事例

パクリという言葉でまことしやかに噂されているというケースから、裁判沙汰にまでなるケースなど、今までさまざまな事件があったようです。

でも、厳密に盗作だと判断する基準はないようですね。

私が以前聞いたことがある内容は、

 

 曲の場合、コード進行が3小節だったか5小節同じならば盗作と判断できる

 

というもの。音楽仲間から聞いた情報なので定かではないかもしれません。今調べても、なかなかわかりやすい情報もなかったので・・・。

槇原敬之VS松本零士

槇原敬之が松本零士の「銀河鉄道999」原作の一部をケミストリーへの楽曲「約束の場所」に使ったと言う罪状。具体的な歌詞については控えますが、「夢は君がかけてきた時間を裏切る事はないよ」というような内容。ま、「夢は叶う」という応援ですね。

 

  1. もともと槙原さん自身は「銀河鉄道999」の原作は読んだ事がなく(わたしもありません、、、宇宙戦艦ヤマトなら持っていますけれど^^;)、指摘された言葉が記載されていることすら知らないとのことで、真っ向から盗作を否定。 
  2. 一方松本零士さんは「原作本はおろか、自分にとって大切な主題であるからこそ講演会でも幾度となく話をしている。その内容が耳に入ってもおかしくない」との主張で、盗作されたと引き下がらなかった。 
  3. 槙原さん側は「盗作したと言うなら、こちらが盗作した証拠を提示して欲しい。そうでなければ損害賠償を請求する」

 

とこんな流れだったようです。結局、和解へと終息したようですが、なんとも後味が悪かったでしょうに。

 ※この裁判についてはもっと詳しい内容がこちらでまとめてくださっています。

 

おまけ

夢、時間、未来というようなキーワードでしたら、こんな歌はいかがでしょうか?

 

小田和正「Time Can Wait」

http://recochoku.jp/song/S1003143602/
*動画が見つからず、レコチョクの試聴になります。最後の一番いい部分が流れるので是非聴いてみてください〜。

 

 

まとめ

matome

  1. 松田聖子の「Gone with the rain」はEric Clapton「Change the world」に酷似している
  2. 「Gone with the rain」以外で、「20th party」という曲はグロリア・エステファン「1.2.3」に似ている
  3. 盗作の疑いで裁判になった事例があるが、確固たる判断基準はまだない様子
  4. 槇原敬之が松本零士から盗作したと訴えられたものの、決定打がなく、結局和解に終わっている

最後に・・・

作り手の立場から言うと、自分が作る曲や詞に対して、常に誰かのものじゃないかと疑心暗鬼になるなんて現実的ではありません。革新的に拝借した、確信犯であるなら話は別ですが、どこまでがオマージュで、どこからが盗作であるか、、、なんて、結局人の判断が介すということは、それだけ先入観にも世論にも左右されるということです。

作品は作り手にとっては命を削って生まれた産物。不当に使用され、しかもあたかも自分が作った作品のように見せかける等言語道断です。

でも、、、たとえばルパン三世のテーマ。鳥肌ものの映像と音楽を、どうぞご堪能下さい!!

 

もう、どんなにアレンジしても、きっと誰かにパクられてても、原曲のすごさに敵うものはなく、それどころか、原曲がどんどん変化して行くこのスゴさ!!

こんな骨太な、エッジのきいた音楽をずっと聞いていたいものです。

 

聖子、紅白でも口パク?YOSHIKIとコラボ

2

大前提として申し上げます。

私は20数年来の聖子ファンなので、無駄に聖子批判は致しません。
コンサートに長年行っていた人であれば、口パクも慣れっこです。

ですが、キタサンブラックが1着になるたびに「祭り」をアカペラで歌うサブちゃんこと北島三郎さんを見ていると、本当に尊敬の気持ちがわいてきます。特に今年の2016年ジャパンカップでは東京競馬場で聞いていたもので・・・。

そんな想いもあり、聖子ちゃんと口パクについて、新曲を通してご紹介したいと思います。

 

 

『薔薇のように咲いて 桜のように散って』

SONGS

『薔薇のように咲いて 桜のように散って』はXーJAPANのYOSHIKIが作詞作曲の歌。
NHKのSONGSで聖子ちゃんの特集が組まれた際にも歌っていました。

その時の映像がこちら↓の動画になります。

歌が始まるのは13:13頃〜。

でもその前に、YOSHIKIとコラボするきっかけとなったエピソードを聖子ちゃんが語っていますよ。

『薔薇のように咲いて 桜のように散って』は口パク?

上記の番組の中で聖子ちゃん、歌ってますね〜(動画内13:13頃)。
奇麗な声で、音が低くなっても高くなっても透き通るような奇麗な声で歌ってますよね。

しかも歌っている最中、とても奇麗なお顔と表情、そして奇麗な首すじを見せてくれています。

 

・・・聖子ちゃん、やっぱり・・・

 

去年の紅白での多くの方からの批判、みなさん覚えていますか?

・演歌みたい
・普通に歌えないの?
・下手くそ

などなど。

 

でも、この動画では、そんな批判をみじんも感じないのではないですか?

 

SONGSでは全て口パク?

では、SONGS内で歌った曲は全て口パクだったのでしょうか?

それがわかる動画はこちら↓です。

風立ちぬ♪を歌ってます。
この動画の中では

・キーが低い
・高音が届ききってない
・低い音になると声が太くなる
・しゃくりができない
・高音に行くところで溜めが入る

などなどの要素から、これは口パクではないなとわかります。

 

久保田利伸提供曲も宝の持ち腐れ?

 

口パクだと奇麗に聴こえる理由は?

恐らく、レコーディングに近い状態で録音していると思われます。レコーディングスタジオなら反響もあるし、エコーも十分にかけられる。マイク音量を最大限に上げる技術もあるし、ミキサーの効果も十分活かせる。

小さな声でも声の厚みを出す加工もできるし、録り直しもできるし。

じゃなければ

 

♪ルゥリラ〜、ルルゥリラ〜♪

♪・・・(溜めて)ドゥリラ〜、・・・(溜めて)ドドゥリ ラッア♪

 

みたいになりかねない...ちょっとわかりづらいですね、ごめんなさい。

4

 

紅白はYOSHIKIと共演?

これは私の勝手な憶測というか、希望的観測なのですが、今年の2016年の紅白では

 

YOSHIKIのピアノバックに聖子ちゃんが歌う

 

という映像を妄想しています。

聖子ちゃんはもともと歌がうまいんです。
・音程
・リズム感
・語感
・音感
いずれもずば抜けてうまいです。

なので、そんな天性の天才である聖子ちゃんの本領発揮してもらえたらいいなぁ、、、と切に願っているわたしです。

 

もしYOSHIKIのピアノバックなら、オーケストラやバンドの音に気負う事なく、もっとのびのびと、自分の出せる声量で歌ってもらえるかなぁと。

 

⇒2016年 紅白での起死回生 汚名返上なるか?

 

・・・逆に気負っちゃうかも^^;

1

 

 

聖子ちゃんの口パク伝説

ヘッドセットマイクが!!

私は直接見ていないのですが、大阪城ホールだったか、コンサートでの出来事。聖子ちゃんは大好きなダンスダンス!をしながら歌っているときの事。あまりにダンスが激しかったせいか、ひょこっと、ヘッドセットマイクのマイク部分が顎の下に下がってしまったらしいんです。
なのになぜ、

・・・・・・・歌声が聴こえる・・・・・・・

それまで、その方も聖子ちゃんの口パク論には否定的で、聖子ちゃんは生で歌っていると信じていました。
ところが、目の前で、聴こえなくなっているはずの聖子ちゃんの歌声がコンサートホール一杯に響いているんです。

「え!うそっ・・・」

彼女なりにショックだったようで、その出来事はコンサートの前半だったのですが、後半になっても乗りきれなかったと言っていました。

 

ダンスしながら録音!?

聖子ちゃんの口パクへのこだわり、、、

と言っていいかわからないですが、ダンスしながら歌う場面ではほぼ100%口パクです。ファンとしてはダンスなんか見たいとは思わなかったとしても、マドンナみたいになりたい聖子ちゃんのコンサートはダンスが必ず入るんです。それがヒップホップベースなのかバレエベースなのかの差はありますが、コンサートにダンスは必須科目となっています。

で、コンサートのダンス時間に口パクをすること前提で、ダンスしながら歌った音源をコンサートでは使っていると聞いたことがあります。(もちろん本人からではありません)

その音源には息が上がったような声も入っているとのこと。

普通に歌って1回録音したらそれでおしまい!というスタイルでは済ませない、これも聖子ちゃんならではのこだわり...なのかもしれませんね。

 

口パクする理由

諸事情あるとは思うのですが、そもそも口パクをせざるを得ないということは

 1.コンサートが多すぎる=体力の限界
 2.私はマドンナ
 3.思ったように歌えない

こんな背景があるのかな?と推測されます。

コンサートが多すぎる=体力の限界

女性の体力で全国ツアーを行うにはかなり限界があります。大黒摩季さんなんかも一時期、婦人科系の病気を患っていらっしゃいましたが、その原因のひとつが、過密なツアーでの過労だったと言われています。

男性でもある年齢になれば厳しい全国ツアー。売れているからこそ実現できることなのですが、その一方、売れる時に売ってしまえ!的、ある意味量産的な過密スケジュールで体力、気力、そして声までも失いかねない時代...それが80年代〜90年代の音楽最盛期。

ここぞ!という時に生声は残しておきたい。。。と思っても、仕方なかったのかな?

 

私はマドンナ

「私は日本では”日本のマドンナ=マドンナのようなアーティスト”とみんなから言われています」

的発言をアメリカのインタビューでしています。当時、確か本田美奈子さんも”和製マドンナ”と自称して ♪マリリン♪ を歌っていたかと思います。そんな時代。

「いあいあ、誰が言ってるの?聖子ちゃん!気は確か?」

 

と激しく思った事を覚えています。どー考えても、おかしいでしょう?

そんなマドンナに取り憑かれた聖子ちゃんは、コンサートでもお世辞にも上手いとは言えないダンスを強行し続けます。でも、当然マドンナとは身体が違う!踊りながら歌うというトレーニングもしていないし、そもそもコアマッスルを鍛えるという地道なトレーニングすらしていないのですから、ダンスしながら歌うなんてできっこない

そんなあたりからコンサートのオープニングでは必ずダンス+口パクというスタイルが定着して行ったのです。

ダンスしなくてもいいからちゃんと歌声聞かせてよ

それがコンサートに行くファンの本音です。
でも、あの聖子ちゃんがダンスしたくてしたくて仕方ないなら、受入れる事もファンの勤めです。

 

思ったように歌えない

90年代に入り、聖子ちゃんはTVでも口パクをすることが多くなりました。

しかも番組を選び、私の記憶ではダウンタウンの歌番組ではほぼ口パクを通したように思います。

ツアー中は、コンサートの宣伝のために番組に出るのですが、それでも無駄に声は使いたくない・・・でも宣伝してチケットを売りたい・・・でもできるだけ声を温存したい・・・そんなループもあったのでしょう。

それともうひとつ、実際に声が出せなくなっていたんだと思います。これはすでに「白いパラソル」頃から現れ始めていた症状というか現実というか。過密スケジュールは確実に彼女の歌手としての輝きを蝕んで行ったのです。まさしく、人気の倍返し。

歌手の人生を考えず、量産的に売れる間に使い倒せ的な事務所の考え方も悪いですが、独立後、きちんと歌い手としてどうしていくべきかを見つめ直すことをしなかった聖子ちゃんにも非はあると、私は思います。

 

せめて紅白では・・・

5

冒頭にサブちゃんが東京競馬場でアカペラの「祭り」を歌った話題に触れましたが、本職の歌い手が、歌う場ではないところで、しかもアカペラで歌うって、結構勇気がいると思うんです。だって、

声が出ないかもしれない、音程がずれるかもしれない、ごまかせないかもしれない・・・

自分への自信と信頼がなければとてもじゃないけど、いくら機嫌が良くてもできませんよね。(とくにこの時、サブちゃんは病み上がりでした)
今や、自分よりも先輩が少なくなり、気を遣って緊張して歌う事が少ない環境の中、どうやって自分を律し、何にプライドをもって”松田聖子”を生きて行くか・・・口パクしない紅白で、どうやって松田聖子を貫くのか・・・

とにかく聖子ちゃんには 自信を持って堂々とかつ楽しく歌って欲しい と思うんです。
せめて紅白では、前年2015年、前前年2014年の悪評を帳消しにするくらいの歌声が聴きたいです、ほんとに。

 

まとめ

matome

1.聖子ちゃんは口パクしています

2.TVでも、コンサートツアーでも口パクは随分以前から恒例となっています

3.SONGSでも例外なく口パクしています

4.SONGSで収録時に実際に歌っているのは、キーを下げた昔の曲のみです

5.SONGSでのYOSHIKI作「薔薇のように咲いて 桜のように散って」は完全に口パクです

6.年齢とともに声が出なくなることに加え、若い頃の過密スケジュールのツケが倍返しの勢いで現れている

7.紅白でのYOSHIKIとのコラボで、起死回生となるような歌を期待しています

 

 

松田聖子の高音はもう出ない?紅白で歌った赤いスイートピーが酷かったワケ

注)私は、中学生の時から聖子ちゃんファンなもので、かなりひいき目にこの記事を書いております。

 

2014年、
そして2015年と
2年続けて紅白歌合戦のトリで歌った松田聖子さん。

2014年の紅白を終えた時、聴こえて来たのは

 ”高音が出なくて酷い歌!”

 ”あの溜めた歌い方、もう聖子も終わりだな!”

という批判でした。

 

紅白歌合戦での松田聖子の姿

2014年「あなたに逢いたくて」

一昨年の紅白歌合戦で聖子さんが歌った「あなたに逢いたくて」について、福山雅治がラジオ番組の中でこんな内容のことを言っていました。(完全なトレースとして言葉を起こせていなくてごめんなさい)

 

seiko2014

 

「紅白のトリは相当なプレッシャーを感じる舞台なんですね。あの松田聖子さんが声を震わせて歌っていたんですから。聖子さんって本当に歌が上手いんですよ。タモリさんにも『聖子さんってうた上手いですよねぇ!』って話したら『いあ、ほんっとに聖子ちゃんはうまいんだよ〜』って話になったんですよ。だから、紅白の、特にトリっていうのはすごく緊張する場所なんだなって痛感したんですよ。」

緊張している”という理由で 声が出なかった と、福山雅治がフォローしてくれてました。

そして2015年・・・

 

2015年「赤いスイートピー」

2回目ともなれば緊張も少しは和らぐんじゃないかしら?

だから、赤いスイートピー、期待していいかしら!

 

・・・なんてことはなく

恐らく彼女のファンは彼女より”緊張”していたのではないでしょうか?
頭をよぎる昨年の「あなたに逢いたくて」

seiko2015

恐らくこのショットは

「赤いイートピー♪」の 「」。

 

きっとね、すんごくキツイと思うんです。

こんなに頑張らないと 「スイートピー♪」って歌えない状況。

 

まるで100mを全速力で走った後で歌うような顔してますね。酸欠か、息切れ状態であるかのよう...

 

「なんであんなに溜めて歌うの?プロっぽく見せたいから?もっと普通に歌えばいいのに。」

 

というコメントを見かけましたし、コンサートに一緒に行った友人からも同じような言葉を聞いたことがあります。

いえいえ、カッコつけてるわけでも、演歌っぽく演出しているわけでもないんです。

そうしないと、溜めないと歌えないんです。

 

 ⇒今年、2016年紅白・・・どうなる?

 

松田聖子の声が出せない現状とは?

この頃はギリギリ高音を張って歌えていたんですね。

というか、松たか子さんは撮影しながら歌っていますけど、聖子さんは録音ですね、たぶん。

それでも 「シャツに」「咲いた」など、1つの言葉なのに、

 「シャ ツに〜」とか「咲 いた〜」って歌ってますよね。

元来、聖子さんって言葉を大切に歌う方で、よっぽど、それこそ走り回るライブでは1語内で息継ぎしたりはあったかもしれないけれど、不自然なブレスって、あまりしない方。

 録音でも続かないんだぁ、息・・・

って思いました。

Tear

高音を張って歌うためには、息を深く吸って、吸った息をお腹などの体の下の方におちつかせてから声にします。

そう、まるで凧を空にあげる感じです。

高く飛ばすためには、紐の端をしっかり掴んでおかなくてはなりませんよね?基点をがっつり定めないと、一緒に飛んで行ってしまいます。

今は、声を出すための仕込み時間が、普通よりかかるんだと思います。

また、高音部分まで地声で引っ張る歌い方なので、どうしても声帯と声帯の周りの筋肉が疲弊してしまいます。

高音ばかりか、比較的低い音域も、聖子さんは地声で歌うことが辛そうに見受けられます。

声帯の周りの筋肉が長い疲労の蓄積もあって、固くなり、伸縮が難しくなっているのではないでしょうか?

聖子さんがキャンディボイスになったのっていつ?

白いパラソル

私は初めて白いパラソルを聴いたとき、本当にびっくりしました。

今までの発声と全く違っていたからです。

『青い珊瑚礁』や『風は秋色』の頃は力強く声を張って歌っていました。ところが・・・

  ♪お願いよ~、正直な~♪

『白いパラソル』では、全体的に柔らかく、ちょっと地声を弱めて歌っているように聴こえます。曲のイメージや、新しい松田聖子というブランディングのためかなぁと思っていたのですが、どうやら、それとは違う理由もあったみたいです。

NHKの特別番組で藤井隆さんとのトークの中で、藤井さんが、聖子さんの歌い方や声について

「素敵ですね~」

みたいなことを言ったんです。そうしたら聖子さんが

「歌っていくうちに、だんだんだんだん声が思うように出なくなって、、、苦しかった」

というようなことを漏らしていました。

今聞き返すと、まず「白いパラソル」あたりで、松本隆さんが詞を手がけるようになった時を経て、そして『秘密の花園』あたりからキャンディボイスへの移り変わったように聴こえます。

恐らく、声が出なくなる過程で、松本隆さん初め、聖子プロジェクトチームが伏線をはりつつ、力任せに歌わない、歌唱力重視の大人の歌手へと育てようとしていたのかもしれません。

慢性的な疲れとの戦い

115047r

★スーパーアイドルにもたらされる過酷な状況

当時のアイドルは、だいたい一日に2-3時間の睡眠しかとれず、それも車の移動中などが多かったとよく聞きます。

やはりスーパーアイドルだったピンクレディーの二人も尋常ではないほどの多忙を極め、売れている時代の記憶がほぼないに等しいほど、まさしく馬車馬のようにかけずり回っていたと言います。

 売れている時がんがん稼がせよう!

 売れている時にどんどん仕事がしたい!

事務所側も本人も、必死。

松本隆さんや大村雅朗さんらのプロジェクトチームも、ノイローゼになるほどの重責を背負い続けていたと言います。

ヒットして当然の仕事だったからです。

経営側も、作る側も、そして当然歌う本人も、ヒットして喜ぶまもなく次のシングルを売るための次の戦い”が始まる・・・聖子さん曰く

「毎日レコーディングスタジオにいた気がする」

というほどの生活だったと言います。

seiko35

また、女性の体力で全国ツアーに回ることが、実はとてもとても過酷なことだということはご存知ですか?

売れていなければ開催できない全国ツアー。

ですが、その仕込み、無理なスケジュール、移動、食生活、睡眠、気候・・・どれも安定しない中のコンサート。

普通の生活を送っていても体調、特に女性の場合には婦人科系器官への症状が現れやすいですよね。

中森明菜さんが一時期、情緒不安定のような状況だったと見聞きしました。またマライヤキャリーもです。

全ての女性歌手の方が同じとは言えませんが、芸能界という男社会、資本社会の中で”アイドル=女の子”として男性の仕事をしなければならないというのは、想像を超えた苦難があったと考えられます。

★睡眠不足で歌いつづけるということの弊害

ところで、みなさんは徹夜明けで歌ったことって有りますか?

徹夜カラオケでもいいです。

私は、夜勤の仕事を3日連続でした時、仕事から帰った朝、試しに歌ってみたんです。

3日連続の夜勤だったので、3日間、仕事明けの朝毎にです。

歌うって言ってもカラオケ程度ですけれど...

1)初日

私、結構元気だわぁ!歌える歌える!
と思っていました。当時40代だったのですが、まだまだ大丈夫!いけるいける! ってな感じです。
悠長なもんです。

2)2日目

多少頭と身体にだるさは感じましたが、それでも よしっ!! と気合いを入れて歌えました。でも、曲数が減ります。激減ではないですが、歌っていて楽しいと思えることが少なくなったように思います。

3)そして3日目

頑張りたいけど、頑張れない。とにかくだるい
声が出せる出せないではなく、声を出す気力がなくなりました。体中の気力がごっそりそげてしまったかのよう。

気合いだ!やる気はないのか!

そんな言葉が通用しない状況。とにかく眠い

Tear

もし20代なら、1週間くらい徹夜が続いても歌えていたかもしれません。

でも、

そんな状態が続けば続くほど、体力があればあるほど

声帯や声帯の周りの筋肉にかかる負荷は相当なものになります。年齢が進むと、その負荷は右肩上がり。疲れという利子をどんどんつけて膨れて行きます。

でも、コンサートとなると体力と気力で補えてしまう・・・そして利子がまた増えて行く。

私は何十年もコンサートで彼女の生歌を聴いてきました。

時には「口パク」と批判され、ファンの間からも「ダンスしなくていいから、すべての曲を生で歌って欲しい」との声も多く上がっていました。

しかし、長く、できるだけ長く歌手として歌っていて欲しいのならそれもいたしかたないのだと、今は思います。

80年代、90年代と、音楽に活気があった時代に彼女はずっと歌い続け、コンサートで全国を回り、新曲を出し続けてきたのです。

聖子singles

あの時代に歌手として活躍し、かつ今も活動し続けている歌手はどれくらい残っているでしょう?

売り物になろうと、プロの歌手であろうとし続けている人。

売れるから歌う、歌うから売れる。そのループの中に長く君臨すればするほど、身体にかかる負担は雪だるまのように膨れ上がって行く。

今の松田聖子さんが声が出なくなっているのは、もちろん加齢もあります。でも、大きくな理由はあの当時に使い切ってしまった声帯と声帯の周りの筋肉の疲弊が大きいのだと私は考えます。

声帯はなかなかよくなりません。

きっと聖子さんにもトレーナーはついていると思います、だからあの程度で済んでいるはずなんです。

まだ歌っていてくれるだけで幸せだなと、私は思います。

注)私は、中学生の時から聖子ちゃんファンなもので、かなりひいき目にこの記事を書いております。

キーを下げると、元に戻すことが難しくなる理由

seikobikkuri

曲調を変えるためや、その日のコンディションで一時的に下げることはあるにせよ、苦しくて下げるのであれば、それを元に戻すのは一筋縄ではいきません。

聖子さんも、そして松任谷由実さんも、ここ数年でキーを下げざるを得なくなってますね。

キーを下げること自体が悪なのではなく、キーを下げてしまうと、それ以上下げられなくなり、結果、曲が成立しなくなるのです。

地声を使いすぎたために声帯や声帯の周りの筋肉が疲れ、自力では伸びたり縮んだり、開いたり閉じたりという動きをする力が無くなってきてしまう

キーを下げることで、同時に裏声にスイッチしていく、裏声も使うという回路も作っていければいいのですが、

キー下げると楽チン!

と、声帯と声帯の周りの筋肉が、あくまでも地声を使い続けることをよしとしてしまう。このさき、また疲労がたまり声が出なくなるとまた下げる・・・を繰り返す危険性があります。

本当は、土台作りから地道に、時間をかけて取り組みつつ、歌っていかれればいいのですけれど・・・。

商売となると、なかなか難しいものなんですね、きっと。

松田聖子が、本来の歌唱力のある歌手として活動していくために・・・

聖子shot

聖子さんがもともと持っている歌の才能。

声質、リズム感、記憶力、言葉のとらえ方、表現力・・・

それらを存分に生かすためには、私は 過去の作品を捨てる ということがとても重要だと思います。

 松田聖子に過去のヒット曲を歌わせない

ということ。

あの頃の曲は、すでに今の彼女には合ってないのです。音域も声量も、、、なんと言っても自分にとっても聴き手にとっても、その記憶とは完全に釣り合っていない

お互いに過去に縛られている。

80年代という、ある意味音楽にとってマンモス的な時代の呪縛を脱ぎ捨てる。いつまでも「赤いスイートピー」を歌わせることないと思うんです、私は。安泰路線を一旦は脱却する。

そういう意味でも、アメリカ進出はよかったんだと私は思っていました。成功するしないが重要なんじゃない。

例えば60歳を越えてからもなお、「赤いスイートピー」を原曲のキーで歌える歌い手であったら、どんなに素晴らしいでしょう!

歌が上手くなる方法<後半>でも提案した方法、

 自分が歌って、うまく聞える歌を歌う

という勇気が必要なんじゃないかと、私は思います。

永遠の

まとめ

長年、第1線で歌い続けてきた、本当はとても喜ばしい実績が、実は今の歌手・松田聖子を逼迫しているのではないかと私は考えます。

高音が出ない、声が出ないと紅白歌合戦の歌唱について批判を受けています。それは事実です。実際彼女は声を出せていません。過去の彼女と比べてというより、歌手として、声を出すということが苦しそうにすら見えます。

その点について否定するつもりはありません。

私は聖子ファンなので、松田聖子さんがありたい歌活動ができればそれで大筋いいのです。ただ、見ていて、聴いていて、今の松田聖子の歌唱が、必ずしも彼女が望んでいる状況だとはどうしても思えない。

松田聖子という歌手の功績も十分に認め、讃えるからこそ、ファン自身も彼女に対する姿勢や要望を考え直さなくてはならないのかもしれないと、そう思っています。

注)私は、中学生の時から聖子ちゃんファンなもので、かなりひいき目にこの記事を書いております。