地声

YUBA(弓場)メソッドの効果〜口を大きく開けて歌え!は正しい?

スポンサードリンク

87d121336452ea7d62f596bddc7aaaba_s

 

え〜っ!!!!!

 

って声が聞こえてきそう・・・

 

YUBAメソッドにおいては、”口は大きく開かない”んです。
みなさんの中にはボイストレーナーから ”歌うときは口を大きく開けて歌いなさい”って教わった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私もその一人です。

 

しかし・・・それは逆に歌が下手に聴こえる原因の一つでもあったんです!

 

今日は、YUBAメソッドの弓場徹先生から教えていただいた、口を大きく開いて歌うと起こることについてご紹介します。

 

なぜ ”口は大きく開くな”?

よく言われていること

ボイストレーニングを受けたことがある方のな中には、こんなことを言われた方がいるかもしれません。

「教会ってよく音や声が響くでしょう?あれは教会の天井が高いので、よく反響するからです。口の中も同じで、大きく開けて高さを高くすると、声がよく響くようになるんです。」

まあ、高さを高くすると反響してよく響くっていう原理はあると思うのですが、、、でも口を大きく開けるって、顎を下に開けていませんか?上あごを上に上げてはいませんよね^^;

 

YUBA(弓場)メソッドで言われたこと

私は顎関節症だったので、今でもハンバーガーはかじりつけません(涙)指2本空かないんです。なのに、弓場先生が私の歌声を聴いてくださった時におっしゃったのは

「君、それだけ口を開いてるのに、よくそれだけ歌えるねぇ。やっぱり能力が高いんだね。」

・・・え?私、口が開かないんだけど・・・って思っていたら

 

「でもね、歌うときはそんなに顎を動かして口を開いちゃだめだよ。ゆっくりなテンポの歌ならまだしも、早めの歌になると歌詞に口がついて行かないし、言葉がはっきりと聴こえないからね」

 

顎を大きく動かすな

歌い手さんの中には顎を大きく動かすことで声やビブラートをコントロールしている方もいます。ホイットニー・ヒューストンなんかも、顎を大きく開いて、顎でビブラートをかける歌手でした。ホイットニーくらい強い顎を持っていれば大きく開けることも、ビブラートをかけることも苦ではなかったのだろうけれど、顎関節症の私にしてみたらすぐさま痛くなるどころか、本当に動かなくなってしまいます。

でも顎関節症でなくとも、顎を大きく動かして口を開くことは、早いテンポの歌詞を歌うときには顎で言葉を作ろうとしてしまう分、その言葉の口を作るのに時間がかかってしまい、はっきりと聞き取り辛くなります。

例えば「あ」から「い」の発音をするとしたら、顎を下に開けて「あ」を発音し、次に顎を閉じ気味にしてから「い」を発音します。でも、顎をあまり動かさずに「あ」→「い」と発音してみると、口を開いて発音したときより、スムーズに変わるのがわかります。

弓場先生はオペラやカンツォーネなどイタリア語での歌唱に多く関わっていらっしゃるので、特にイタリア語での早口のような歌を歌う際には必須の技術のようです。

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

 

口を開けるより大事なこと

YUBA(弓場)メソッドにおいては、

 息漏れをなくすこと=喉の筋肉をコントロールする

これがとっても大事な要素、技術になります。

例えば、”お腹に空気を入れて、腹筋でブレスコントロールして!”という定説も、YUBAメソッドでは

息漏れをなくすこと=喉の筋肉をコントロールする

これができれば自然にできるようになると言っています。お腹に空気を入れよう、お腹で呼吸しなきゃ・・・と思っていると、意識がお腹に集中してしまいます。でも、実際には声帯と声帯を囲む喉の筋肉の伸縮により声が生まれます。声帯から息漏れが多いと、息を長く、または強い声に変えていく力に回しにくくなります。

なので 声帯と声帯を囲む筋肉に意識を集中させるのです。

喉の筋肉をコントロールしながら、表声(地声)と裏声をうまく混ぜきれいなビブラートがかかった声を自由に出せるようになりたいですね。

ありがとう3

 

ありがとうの歌

昭和のバケモノ高視聴率ドラマといえば「ありがとう」。この主題歌は主役に抜擢されたチーターこと、水前寺清子さんが歌っています。

チーターの歌はパンチがあって、切れがイイ!セリフを聞いても、明らかに他の役者さんとは段違いの声質。息漏れの少ない声なんですね。息を声に変える効率がいいだろうなぁ。

ただ地声の方が強めなので、ビブラートがあまりかかりません。裏声が入ってくればもっと奇麗なビブラートになるんだろうけれど、、、でも、そうするとあの響きではなくなる・・・。

表声(地声)と裏声をバランスよく、いい塩梅で調合できればミックスボイスということになりますが、でも、チーターの歌声はミックスボイスではないからこその産物だと、私は感じます。

ミックスボイスが全てではない、、、ということかもしれません

 

まとめ

matome

1.YUBAメソッドにおいて、歌う時に「口を大きく開く」はいい方法ではない 

2.口を開けて歌う=顎を動かしながら歌うと歌詞、言葉に口がついて行かず、聞きづらくなる

3.口を開けて歌うより、喉からの息漏れがないようにすることが大事

4.息漏れがない声を意識する事で、お腹でブレスコントロールをしようとしなくても、自然とできるようになる

 

みなさんも、顎をあまり動かさずに歌う方法、是非試してみてくださいね。

 

ゑり音

ホイットニーヒューストンの神がかり的地声

今までの記事の中では何回も
”ミックスボイス”
という発声方法について語ってきました。

その代表としてご紹介したのが”YUBAメソッド”。

ではミックスボイスができれば、歌って上手くなるのでしょうか?
発声がきれいなら、歌はうまいのでしょうか?

 

ミックスボイスが手に入ったらできること

声帯とその周りの筋肉を短い状態で使う地声、

そして

長く伸ばした状態で使う裏声、

 

そのどちらの筋肉の使い方も、それぞれ訓練することで
地声が得意な低めの声を出す時には裏声の感覚を混ぜ、
裏声が得意な高めの声を出す時には地声の感覚を混ぜることで
低い音から高い音まで、一定の響きを保ちながら移動できる。

 

裏声の感覚とは声帯から息を漏らす=息を含ませた声、

地声の感覚とは声帯を締め息を漏らさない=息が混じらない声。

 

外国人アーティストだとセリーヌディオンはミックスボイスができる代表格と言われています。
日本人アーティストでいうと、アンジェラアキさんやスピッツの草野君

 

ミックスボイスとは、地声の要素と裏声の要素を、どの音程でも使うことができ、その効果として地声と裏声の境目で起こる換声点が無くなる技術...

とでも言えるかもしれません。

 

ホイットニーヒューストンの歌声

ホイットニーの歌声を、あまりご存じない方もいるかもしれませんね。
90年代にスーパースターとなり、マイケルジャクソンと方を並べていたDIVAです。

彼女はミックスボイスではなく、地声を張り上げて歌っていたsingerですね。
歌っているとき、顎がすっごく動いているんです。

 

以前は

「どうして彼女はあんなに顎が動くんだろう?」

って不思議だったんです。
みなさんやってみてできたらすごいです!

顎に力点があるんだと思うんです、彼女。
じゃなければ、ビブラートかける時に顎があんなに動くなんてありえない!

でも地声がかなり強く、それと薬物使用のせいであそこまで強靭な地声を張り上げることができたのかもしれないのですが、天性の音域を持っていたので、本当に神業だったんだなぁと思います。

そうなんです!

ミックスボイスが生み出した歌声ではなく、彼女の歌い癖が創り出した産物=神様からの贈り物なんです!

 

WhitneyHoustonホイットニーヒューストンというジャンル

彼女が世に出る頃、有名な洋楽の女性シンガーと言えばシンディローパー、シーナイーストン、オリビアニュートンジョン、あたりかな?

高いキーでパワフルに歌うという意味ではアレサフランクリンやチャカカーン、ユーロビートだとシェリルリン。

さすがにそれぞれ独特な個性を放っていますよね。

その中でも、「Saving all my love for you」を聴いた時は本当に衝撃的でした。今まで聞いた事がない声、歌、パワフルさ。

そして・・・
今から思うと、そこにはどうしようもない枯渇感や淋しさに似たものを感じ取っていたのかもしれません。堂々として笑っているんだけれど、ずっと何かを追い求めて探しているような必死さ。

単純に上手いとか、声量があるとか、音域が広いとか、、、そんなくくりではない、全く違うジャンルのよう。
それは、いつもどこかで命がけで歌うホイットニーヒューストンというジャンルだったのかもしれません。

 

声が出せないWhitney

復帰を果たしたWhitney。

この映像は恐らく、復帰してそんなに経っていない頃だと思います。

本当は、復帰したての頃の映像、歌声を見ていただきたかったのですが
あいにく数年前にごっそり削除されてしまいました。

声はかすれ、がなり上げる声、必死に歌うWhitneyの姿。

奇麗という言葉とはほど遠い彼女の姿。

でも・・・

その”生き返ってきた”彼女の歌う姿に、私は感動せずにはいられませんでした。

声が出せないからこそ、彼女の天性の感性、リズム感が生き生きしてきます。
もしかしたら、復帰に合わせて、それこそYUBAメソッドのような発声を取り入れていたら、時間はかかってもこれほど酷くはならなかったかもしれません。

 

世界ツアーでの酷評

薬物の恩恵か、甘い呪いか、彼女の尋常ではないパワフルな発声は、復帰後にはみるかげもなく、恐らく、声帯と声帯の周りの筋肉は目も当てられないほどの状態だったと推測します。

私はさいたまスーパーアリーナでのライブに行きました。
アリーナ席、しかもVIP席。

しかし実のところ、チケットはあまり売れていなかったようです。
VIP席なのに、心ない方が何人かいらしていました。
彼女への野次とバッシング。

でも、日本でのライブはとてもよかったんですよ。
時間が短縮されたわけではないし、最初から最後までちゃんと歌えてたんですから。

スペインだかどこかの国でのライブは、気管支炎も患ったためにほとんど歌えなかったと聴きました。お客様の中には返金を求める人もいたと聞きます。

 

I’ll never leave,never!〜命がけで歌う

彼女はライブでこの言葉を私たちに伝えました。

I’ll never leave,never!

復帰以降、何回彼女はこの言葉を口にしたのでしょう...

私が生きるべきはこの道、この世界、このステージ。
だから私は二度と過ちは犯さない、私は歌い続ける。

そんな魂からの叫びだったように思えます。

かつての声じゃないこと。
かつでの姿ではないこと。
それは誰より、彼女が一番感じていたこと。
変わってしまった自分を曝け出そうと、この道しかないんだ!という強い意志。

ちょっと想像してみてください。
老いて変わって行くのではなく、誰から見ても”変わり果てた”姿で表舞台に立つ勇気。

金銭的に困ったんだろう、、、だから歌しかなかったんだよ。

そうかもしれません。
そうだとしても、針のむしろを覚悟で、わざわざ傷に塩水をしみこませるようなことを、誰が好んでするでしょうか?

命がけで歌う歌手、WhitneyHoustonの誕生。

私はさいたまスーパーアリーナでのライブを見たとき、彼女が生きていてくれることに、心から感謝しました。その気持ちは今でも変わっていません。

 

ミックスボイスは万能じゃない

whitneyがミックスボイスに長けていなかったから、あれだけ世界中を振るわす歌が歌えたんじゃないかと私は思います。

それが私の感じた枯渇感と寂しさにもつながっていたのかもしれません。
確かに、ミックスボイスは歌い手が歌手として歌える寿命を延ばしてくれます。

でも、

だからと言って、ミックスボイスは万能じゃない。
1つの手段であり、道具でしかありません。

例えば、Whitneyが歌うAllways Love You。
もし、ミックスボイスで朗々と歌い上げてしまっていたら、あの緊張感を彼女は醸し出せていなかったかもしれません。

本当なら、ミックスボイスは使えるけど。今は使わないの・・・くらいに選択肢として、地声も裏声もミックスボイスも、自分の裁量次第でいかようにでも組み合わせて表現できるっていうのが理想だなぁと思います。

 

まとめ

地声をかなり強く高音まで歌い上げるホイットニーヒューストン。
その地声はまさしく神がかっています。
顎が強靭だったのでしょう。

ミックスボイスという概念は恐らく黒人の発声法がヒントになっているのではないかと思います。声帯と声帯の周りの筋肉の弾力、柔らかさ、厚み・・・。
普段から声帯の周りの筋肉を使う言語=息をたっぷり使い、子音をふんだんにつかう言語。

しかし、ホイットニーは彼女だけが持っていた歌唱能力、高音まで強められる地声と小さい声で使われる裏声。その絶妙なコントラストがホイットニーワールドを作っていたと私は考えます。

多くの人々が憧れ、でも決して手の届かない、自分のものにはならないあの歌唱力。

でもだからこそ、もっと追いかけたくなる。

正しい発声法を超えたものがそこにあるから。

 

スポンサードリンク

地声と裏声を使う”ミックスボイス”を手に入れる方法、教えちゃいます♪

歌う声喋る声話し声、みなさんは同じ声を使っているでしょうか?
使っているっていうより、出ている声かな?

喋り声や話し声の多くは“地声”を使っていると言われています。
逆を言うと“裏声ではない”声です。

私はその“地声”と“裏声”との間で途方に暮れることが、なんと多かったことか。
今日は私が体験、体感した地声裏声ミックスボイスについてご紹介します。

 

sanmiittai

えりまきーず

三位一体

 

地声、裏声、ミックスボイス〜レッスン風景〜

私が師事していた、教授であり、声楽家であり、ボイストレーナーである
弓場徹先生とのレッスン記録です。
通常、レッスン中は出来ないことを曝け出す時間なので大変お恥ずかしいのですが...
地声(表声)と裏声の混ざり具合で響きが変わる感じが、もしかしたら感じていただけるかもしれません。

ビブラートが奇麗に聞こえる音はミックスボイスを発声できてる音です。
もうこの音源くらいしか残っていないですが、今考えると宝物ですね〜。
それにしてもあたし、頑張ってる!

 

 

私の”地声”と”裏声の間で起きていたこと

地声と裏声の間というのは、地声でも裏声でもない声、または地声でも裏声でも出せる声。

なーんにも考えずに自分が出せる一番低い音から、だんだん音程をあげて声を出していくと、

「うっ、キツい!首が絞まるぅ!」

と感じる音域にぶち当たります。
ちょうどバイオリンがギーギーゴーゴーと痛めつけられてるような痛々しい感じに似ています。

 

でも、そこでいったん息継ぎをして声を出し直すと・・・
あら、なんて楽に声が出せるんでしょう!
裏声を使ってスタートする方が楽な音域だったんです。

 

喉の状態を地声モードから裏声モードに起き直す、まあギアチェンジってところかな?

この乗り換え地点のことを“換声点(かんせいてん)”と呼びます。

あの世とこの世の狭間のような、地声と裏声の狭間。
まあ、そもそも裏声の“裏”って言い方も不思議な気がします。地声のことを“表声”と表現されている方もいるので、裏に対しては表っていうのが、反対語としてはしっくりくるかなぁ。

 

ま、それはさておき、この地声と裏声の中間点は、

地声でも裏声でもどちらで歌ってもOK!

・・・なんですが、たいていどっちで歌ってもしっくりこない><。
座りが悪いって言うのか、釈然としないって言うのか・・・。
特に、この地声と裏声の切り替え地点を主に使っている歌、私にとっては中音域をよく使う音で作られた歌の場合、

地声を使うか裏声を使うか迷うんです

曲の始めから終わりまで、歌うながら迷うんです。
迷おうが迷わなかろうが、結果、
地声ではかなりキツいんだけれど、
裏声だと力がなく、
どっちにしても苦しい
って状況に陥るのが常...。

 

この私にとって最も歌い難い、中音域をご自分の得意な音域とされているのが、松任谷由実さん。そして古内東子さん、男性では角松敏生さん。このお三方のキーは本当に難儀しました。

まるでバランスボールの上につま先立ちしてるかのような不安定な私の喉。
果敢に歌ってみる、チャレンジしてみるのですが、その度に返り討ちにあい、ほとほと悲しくて情けなくて、いつも自己嫌悪にさいなまれておりました。

 

そこで活躍するのが“ミックスボイス”。
一般的には地声と裏声を一度に両方使う歌い方、喉の使い方です。

 

sanmiittai

えりまきーず
三位一体

 

地声と裏声とミックスボイスと換声点、例えて言うなら・・・
自転車に乗る時、右足をペダルにかけて左足で蹴りながら左足でまたぎますか?それとも左足をペダルにかけて右足で蹴りながら右足でまたぎますか?
私、両脚できるんです。だからどっち側からでも乗れるんです(←ちょっと自慢ン)。

もし、どちら側からしか乗れなかったとしたら
ペダルにかける足の方に回り込まなくてはなりません。回り込んでからじゃないと足がかけられないので、当然
走り出すまでに時間がかかります。

 

でも、左足からでも右足からでも乗れるようになれば・・・
わざわざどちらかに回る必要がなくなり、楽チン
タイムロスがなくなり走り出すまでに時間が短くて済みますねっ。
そんな感じに近いかもしれません。初め、慣れるまではちょっと練習が必要ですが、慣れてしまうと「どうしてできなかったんだろう?」と逆に過去の自分が不思議に思えてくるかもしれません。

ミックスボイスという論理

ミックスボイスという名称が定着したのはそんなに昔のことではないと思います。20年ほど前に通っていたボーカルスクールでは“ナチュラルボイス”と呼んでいました。

私は低音の地声と高音の裏声が得意
でも中音域になるととたんに制御不能となり、強い声で歌えたと思ったら、急に力が入らなくなる状態で、地声と裏声の間で弄ばれておりました。

「今日は喉の調子が悪くて・・・コホコホッ」

なーんてごまかすにも限界があり
特にカラオケに友達と行くと、素人の友達の方がガンガン地声で押し通して歌っているのを聴くにつけ、とても自己嫌悪に陥らないではいられませんでした。そして、

 

よく泣いていました。

Tear

 

それに加え、得意のはずの高音域にでは、確かに声は出ているのですが、とても癖のある発声になっていたようで、一部のボイストレーナーからは

気持ち悪い声。どうしてそんな声が出せるの?どこかおかしいんじゃない?

と非難され、びっくりするは傷つくはで、

 

そしてまた泣く私。
Tear

 

まあその話はまた別の機会にとっておくとして、色々な歌う上での障害をなんとかしたいとずっとボイストレーナーを探し、入門しては辞め、探しては入門し・・・を繰り返し10名以上のボイストレーナーについてきました。でも、納得いかなかったんですね。その方と同じような骨格、筋肉の付き方、指向をもってる方には合うのですが、残念ながら私には理解できませんでした。頭ではわかるんです。でも体感できない・・・。

 

私が強く求めたものは

 

対象となる人を選ばない、誰にとっても再現性の高い方法と論理”でした。

しかも“シンプル”であること。
音楽の分野の中で、”声を出す”、”歌う”ことに関してはまだまだ明らかになっていないことがあり、歌唱法は確立されていないと聞きます。何せ人の体を楽器として音を奏でるわけですから・・・。

何人も何人も、本を出版なさってる先生や、歌を聴いてこの人かも!と思ったところに問い合わせ、押し掛けるように習ってみる。でも、いざ習ってみると納得がいく解説をもらえない。

自分はできたから、あなたもできるようになりますよ

そんな回答が多かったですね。

でもずっとずっと探し続けました。

 

必ず、シンプルでわかりやすい声を出す論理があるはずだ!

 

そして20年近くかけて見つけたのが“弓場徹(ゆばとおる)”という声楽家だったのです。

 

Takarabune

 

ミックスボイスを手に入れる方法

 

弓場徹先生が研究し確立した声を出す理論

人間という生き物にとって普遍の論理

だと私は思います。
レッスンの中でよく使われた言葉は”地声(表声)裏声混ぜる割合”です。

もう少し表声を少なくして、ここは裏声を多めに!
あー、裏声により過ぎた、もう少し表声に戻して

といった具合です。(例えばこんなレッスンでのやりとりです。)

 

sanmiittai

えりまきーず

三位一体

 

 

自分にとって”何が地声”で何が裏声なのかがわかっていないと、その微妙な調合は正直難しいです。

 

大前提として、2種類の声である

 地声が使える

 裏声が使える

ことが基本になってきます。

 

 

また弓場先生の論理の中で「これはいい!」と私が感じたものは

腹式呼吸についての考え方です。

 

ミックスボイスを出すには、

 喉のコントロール力が必要になります。

喉のコントロール力とは出したい声質になるように

 地声裏声調合できる技術

です。

弓場先生の論理では、

 

 喉に意識を集中させコントロールすることに注力していれば、おのずと腹式呼吸になる。

 

だからわざわざお腹を意識しなくても動いてしまうから大丈夫!

 

という解説でした。

 

もしかするとこのブログを読んでいらっしゃる方の中には、

 腹式呼吸のトレーニングをしているのに上手く歌えない

というお悩みがあるかもしれません。

 

実は私も、今もって腹式呼吸、苦手です
しかも肺活量は2000mgに達しません。非常に少ないです。
でもロングテールの歌もある程度歌えますし、声量もそこそこ出ます。

もちろん、肺活量があればあるだけ、きっともっと楽に歌えるのだとは思います。でも、肝心なのは

 エネルギー効率

例え少なくても、吸い込んだ息にレバレッジを効かせ、長いフレーズや大きな声を出すことができれば、とってもお得ですよねっ。

それができるのはお腹ではなく、喉や声帯そして声帯の周りの筋肉

 

 力点は喉にあり、体はリラックスさせておく・・・。

 

腹式呼吸と歌との関連付けが今ひとつわからなかった私にとっては、まさしく「待ってました!」ものでした。

 

HappyGirls

 

現在、弓場先生がレッスンなさるのは関西方面の朝日カルチャーセンターなどだそうですすが、個人レッスンや東京近郊でのレッスンはお弟子さんがなさっているようです。

私は弓場先生の論理や技術はもちろんですが、何よりそのお人柄に本当に救われました。

 

「君ね、発声はいくらでも教えてあげられるけど、

 情熱=Passionは教えてあげたくても教えてあげられないんだ。
 でも、君はそれを持っている

だから発声のことは気にせず、女王様になったつもりで歌いなさい。発声は後から身につけられるから。」

 

そう言ってくださったおかげで、私は、それまで封印していた自分の殻を破ることができたんです。自分を出しちゃいけない、人と同じことをしないといけない・・・私をがんじがらめにしていた凝り固まった信念が、少しずつ溶かされていくような気がしました。だから余計にミックスボイスをはじめとした弓場先生の論理に納得できたのかもしれません。

 

歌い手は、

いかにリラックスして歌うかが、

実はとても大きなポイントです。
もし機会があればお近くの先生に発声のご相談をして歌う技術、ミックスボイスで体をリラックスさせつつ地声と裏声のコントロール力を身につけ、できたら弓場先生の直接レッスンを一度でも受けてみると精神的にリラックスできるんじゃないかなと思います。

 

さんみいったい

えりまきーず

三位一体

 

まとめ

・地声と裏声の間はどちらでも歌える中音域である
・換声点は地声と裏声の狭間で、ちょうど切り替え地点にある
・中音域は主に地声と裏声を適当な割合で調合したミックスボイスを身につけると楽に歌える
・ミックスボイスを習得するには、地声、裏声の両方の声をそれぞれ鍛える必要がある
・腹式呼吸が苦手でも、肺活量が少なくても十分歌える
・論理的な歌唱法を知りたい方は弓場徹先生の弓場メソッドがオススメ

 

歌に迷える方々の少しでも灯りとなれますように・・・