スポンサードリンク

今日、3月11日は東日本大震災が起こった日。

 

地震の起こる前、

空はまるで鉛のような、それこそノストラダムスの予言書にあるような

大王

が降ってきそうな重苦しい色。

異様な様相を漂わせながらその時を迎えました。

 

松田聖子さんの思い

「ありがとう」

アルバム『Cherish』の中に『ありがとう』という曲があります。

これは、震災の後、普通の暮らし、

好きな人を送り出し、そして迎える日常のあったかさ、そして大切にしたいという気持ちを歌った歌です。
「ありがとう」/松田聖子の歌詞
音源は既にYouTubeなどから削除されてしまい、試聴でしか聴けなくなっています。

 

けれど、この歌詞を読んでいただければ、

当時の聖子さんの気持ちが伝わってきます。

 

ボブジェームスとの大船渡コンサート

世界的JAZZピアノ奏者のボブジェームス

彼は「いわてジャズ2011」という、いわき市のJAZZバンドとの共演に向けて、曲を書いていました。

震災のため、そのコンサート開催も危ぶまれる中、自ら大船渡に足を運び、救い出された楽器とそしてJAZZ楽団のメンバーと開催を熱望していました。

 

確か、この曲はもともと楽器演奏のための作品で、「みんなでひとつになりゲンキに生きよう!」っていう、明るい曲調のもの。

しかし、彼のお嬢さんの提案で、その曲に詞をつけることになったのが、”歌曲”となったきっかけだったと記憶しています。

 

そのことから、日本人の女性シンガーとしてオファーを受けたのが松田聖子さんだったのです。

英語が堪能で、日本国内で彼女を知らない人はあまりいいないほどの知名度。そして素晴らしい声質と歌唱力。

それらの要素がオファーへと繋がったのです。

 

大船渡でのコンサートで、まず歌われたのがSUKIYAKI=上を向いて歩こう でした。

その模様の音源がこちらです。

 

 

そして、恐らくJAZZバンドとJAZZを歌ったのは初めてだったのではないでしょうか?

ボブジェームが大船渡のために作った曲 『Put Our Heart Together』 です。

 

聖子の歌唱力と声質と底力

『SUKIYAKI』と『Put Our Heart Together』、

この2曲を聴いて

 

松田聖子は歌が下手だ、酷い!

 

という方はいらっしゃらないのではないでしょうか?

 

紅白で歌った「赤いスイートピー」や「あなたに逢いたくて」で、目立って違和感を覚えたのは

 ”溜め歌い”・・・まるで演歌みたい

ほんとでしたね。

 

演歌のような歌い方になってしまう原因、理由は確かにあるのですが、

でも、

今回ご紹介した2曲『SUKIYAKI』と『Put Our Heart Together』をお聞きになったとき、

”溜め歌い”って気になりましたか?

 

「赤いスイートピー」や「あなたに逢いたくて」では、あんなに耳について酷かった溜めた感じが、曲を変えることで、そんなには気にならなくなる・・・

決してなくなったわけではないけれど、でも”ありかな?”って思える程度の感覚になってくるような気がします。

 

しかもジャンルも変わって、”JAZZ”っていう畑の中で奏でられていることも、功を奏してるんでしょうね。

 

彼女のオリジナルの曲は、みなさんに根強い印象を与えています。

かつての松田聖子ならこういう声で歌ってた

あの頃の松田聖子ならこんな風に歌ってた・・・

私たちは、自分の中にある 記憶 を聴いていることも少なくありません。

基本的に、CDが”正解”となって、私たちの耳にしみ込んでいます。

 

でも、例えばJAZZの場合はフェイクやスキャットといって、オリジナル曲のコード進行の中で、音を変えて歌う技術が存在しています。

演歌でも、いわゆる音符通りに歌うことが、逆に趣をなくし、情緒的ではない、感情がこもっていないなどという印象を与えることもあります。

例えば、森進一さんの「おふくろさん」。あの曲を、普通に楽譜通りに歌っていたのでは、全然魅力的じゃないですよね?逆に笑えるかもしれないけれど^^;

 

そういった背景もあって、『SUKIYAKI』と『Put Our Heart Together』の2曲を聴いている限り、聖子さんは、”自分の歌にする力と技術”ズバ抜けて優れているんだなぁとつくづく思います。

 

そして、演奏者や会場のお客様も含めて、自分の世界に引き込んで行く力も。

 

確かに、完璧というわけではありません。ところどころ、声も震え、音程も外れていたりします。

それでも、彼女が自由にのびのびと歌う歌を聴くことができたのは、なによりボブジェームスの寛大さ、技術によるところが非常に大きいですよね。

 

だからこそ、

聖子さんには今までのヒット曲から一旦離れて、違うジャンルを地味に歌って行くスタイルも、同時に持ってもらえたら・・・と想像せずにはいられません。

 

まとめ

東日本大震災でのショックな感情、一方で幸せなことへの尊さ。

松田聖子さんの中で一時は「音楽を続けていていいのか」という苦悩があったといいます。

それは他のミュージシャンも同じで、音楽が何になるのか?

という想いが否応なく押し寄せて来た東日本大震災。

そんな中、やはり自分には音楽しかない!と、また前へ進む。

聖子さんのように、思いがけず、外国アーティストからのオファーを受けることで、広く外国との繋がり、橋渡しをすることになったことは、ファンとしてとても嬉しく誇らしいことでした。

そして開かれた「いわき2011」というJAZZコンサートでの歌唱。

聖子さんの新たな可能性を感じずにはいられなかったコンサートでの歌唱。

今回は、聖子さんのオリジナル曲「ありがとう」そして、大船渡でのコンサートで歌われた『SUKIYAKI』『Put Our Heart Together』をご紹介しました。