2016.4.24(日)
☆梶原秀剛プロデュースVOZ PRESENTS JOINT LIVE 2016☆
☆8組のアーティストによるJOINTライブに出演いたします。☆
開場15時 開演16時 ¥3、000縁+1drink
☆約30分間ほどのステージになります☆

チケットご希望の方、またお問合せこちらまで、
お気軽にメッセージしてください
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

咲く羅-サクラー 詞・曲・歌/ゑり音、編曲・ギター/梶原秀剛

 

ゑり音さん、今度はどんなライブですか?


初めての方からも
以前から来てくださる方からも
必ずと言っていいほど質問を受けるのがこの質問です。

今度はどんなライブなんですか?

 

ライブをする上で、何を意図してライブをするか?というコンセプトはとても大切な要素です。そのコンセプトを礎にして、内容を吟味して行くことになるからです。

今日は私の来月出演するライブのコンセプトと内容をご紹介しながら、

ライブには、こんな要素が含まれているんだなぁ

ということを垣間みていただきたいと思います。

 

私のライブコンセプトは3本の柱で作られています。

ゑり音の3本柱

ゑり音には3本の柱があります。

 日本の古典
 外国
 オリジナル曲

これら3つの世界を自由に行き来し、
さらにオリジナル曲では無国籍であり、多国籍でありという擬似的世界を、
”日本人としての自分で表現する、生きる”
というビジョンがあります。

 

★日本の古典

前回までのライブでは
 ”おぼくり〜ええうみ”という奄美大島の島唄
 ”正調・五木の子守唄”
そして、与謝野晶子の「みだれ髪」の一説をモチーフにした曲”君”

これらを日本の古典や日本を象徴する作品として歌っております。

そして、ステージでは和服を着るというスタイルも、日本を表現する方法のひとつとして考えております。

1.和服

DSC01694 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この着物は、特別何の銘仙とか、有名な紬などという高価なものではありません。
母が日本舞踊の師匠としてお稽古着に使っていたものです。

プロデューサーの梶原秀剛氏も私も”昭和初期に普通に和服を着て生活していたおばあちゃん”をイメージしています(笑)

特別な日に和服を着るのではなく、
普段から和服を着ている女性。

今回のマンダラライブでも和服を着用致します

 ”曼荼羅に出る時は、是非これを着て歌いたい!”

と数年前に入手したものです。オークションで...(笑)

 

2.書物

今回は小説と詩集、2つの書物をモチーフに構成されています。

・短編小説は、堀井基次郎作『櫻の樹の下には・・・』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

・詩集は、知香子作『月の旋律』

1929732_985866844827029_6371365762632306715_n

これら2作品を、ゑり音独自の解釈による脚本でお送りする

歌と語りの30分

となっています。

 

★外国

今回は表立ってのJAZZやPOPSなどの曲ではなく、
曼荼羅という場所と私のコントラスト、
そしてオリジナル曲で外国の雰囲気を感じていただけたらいいなと思っております。

もしかすると、ビールやカクテルを一旦テーブルに置き、
瑠璃色や藍色の瓶に入った日本酒を側に置きたくなるかもしれません(笑)

5504dbf4aefa9ca579659afc96180a66_s

 

★オリジナル

今回、オリジナル曲は...んんんんん〜ん
何曲だろう?(笑)

イメージとしては、

全体で1曲の歌になるような、
全体で一枚の絵になるような、

そんな感じに近いかもしれません。

 

ただ、このページの冒頭でご紹介した『咲く羅』。
今回満を持してデビューとなります。

・『咲く羅ーサクラー』

この曲は、プロデューサーの梶原氏に始めて聞いていただいたオリジナル曲です。

私が梶原さんの元に通い始めた理由は、

1.この『咲く羅』をレコーディングしたい
2.マンダラでのライブに出演してみたい

という、この2つが目的でした。

レコーディングにはそんなに時間はかからず、CD化されたわけではないのですが、録音することができました。

・・・ということは、

残るはマンダラライブ。

今回、マンダラで、咲く羅を歌えるという、
何とも贅沢かつ、当初の目的をも越える希望が叶えられることになりました。

 

女として、男として


 

私は歌を通して、ライブを通して

女としての生き様

を描きたいと思っています。

時に儚く、時に醜く、時に悩ましく、時に野蛮に

もしかしたら、男性が見たくない部分もあるかもしれません。
そして女性自身も、「私はそんな女じゃない」と耳を塞いでしまいたくなる瞬間があるかもしれません。

それでも敢えて、女としての強さも弱さも、私の一部分としての

 ”ゑり音”

としてステージの上で生ききりたい、そう思って臨みます。

 

♪ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

2016.4.24(日)
☆梶原秀剛プロデュースVOZ PRESENTS JOINT LIVE 2016☆
☆8組のアーティストによるJOINTライブに出演いたします。☆
開場15時 開演16時 ¥3、000縁+1drink
☆約30分間ほどのステージになります☆

チケットご希望の方、またお問合せこちらまで、
お気軽にメッセージしてください。

♪ ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪