2017

「あなたに逢いたくて」カバー歌手に比べて聖子は下手になったのか?

スポンサードリンク

紅白での歌唱が何かと話題になり
ちょっとした年末年始の風物詩となりつつある松田聖子さん。

昨年2017年の紅白でも聖子ちゃんは歌ったのですが

”やっぱり声出てないね” ”それとも、あれでも口パク?”

と注目していた方も多かったかもしれません。

 

そんな中、年始にNHKをかけていたら西田あいさんという方が

「あなたに逢いたくて」

を歌っているのを目にしました。

これを聞いて私が抱いた感想は

 

「聖子ちゃんは、声がでなくてもやっぱりうまいんだ」

 

でした。

そのことから、聖子さん以外の「あなたに逢いたくて」を
取り上げてみようかなと思い立ちました。

 

 

こんな人がカバーしてます

西田あい

年始に私がみかけた西田あいさんの「あなたに逢いたくて」。

 

私が

「聖子ちゃんは、声がでなくてもやっぱりうまいんだ」

と思ったきっかけになった歌声です。

 

みなさんはどのような感想でしょうか?

 

 

島津亜矢

島津さんは、紅白では
ベッドミドラーの「The Rose」
を歌ってました。
(余談ですが、「The Rose」は
ジブリアニメ『想い出ぽろぽろ』
の主題歌で、
都はるみさんがカバーしてました。)

 

演歌歌手の方なんですが、
他の演歌歌手からもその歌唱力は評判で
特にWhitneyHouston「Always Love You」
は話題になっているようです。

 

とにかくキーが高い。
80年代の聖子ちゃんも、
そしてWhitneyも一般的な女性のキーよりも高いんです。
そして島津さんもそう。

 

 

ピッチ(音程)は確かだし
声量もあるし、
素敵ですよねっ。

・・・でも・・・・
なんでしょう...

「あなたに逢いたくて」ってこういう歌だったかなぁ。

 

 

松浦亜弥

この方は元アイドルで
小室哲哉さんも『ザ・ベストテン』の中で
松浦さんのアイドル・松浦亜弥に
向き合う姿勢を

「これだけアイドルに徹することができるのはすごい!」

と褒めていました。

 

30歳を過ぎて、歌唱力を生かした歌を歌い
小さいライブハウスなどでも歌っており
以前、竹内まりあさんが自身のラジオ番組で

「ふっと見回したら椎名林檎さんも会場にいらして
 彼女と一致した意見が
  

  ”今活躍している30代の女性歌手で
   最も上手いのは

   この松浦亜弥さんだと思う”

 

 ということでした。」

 

いい歌ですよね。

そしていい歌声ですよね。

まるで聖子ちゃんですね。

 

 

3人のカバーに思うこと

 

2014年紅白歌合戦『あなたに逢いたくて』

 

音声だけですが、
2014年紅白歌合戦での松田聖子『あなたに逢いたくて』。

「なんで普通に歌えないの?」

「あの溜め歌いやめて欲しい」

「容姿だけ若作り、気持ち悪い」

 

残念な評判で、ある意味話題となった歌声です。

 

 

 

 

私の中にある『あなたに逢いたくて』

カバーのお三方の歌を聴いた後で
声が出にくくなった聖子ちゃんの
『あなたに逢いたくて』を聴いたら、

なんだかとっても安心しました。

 

例えて言うなら、
カバーの歌声は高級旅館やラグジュアリーホテルで
とっても素敵なんだけど

やっぱり自宅がいちばん!

 

といったところでしょうか(笑)

 

カバーしている方々の
『あなたに逢いたくて』を聴くと、
どうしても同時に松田聖子の歌声を
脳内で鳴らしてしまっている私がいます。

イントロもほぼ同じ。
キーは多少違っても、オリジナルの
『あなたに逢いたくて』
をなぞって歌っている。

それがいいとか悪いとかってことではなくて、
松田聖子が『あなたに逢いたくて』という
曲の鋳型を作っているということ。

その鋳型の中に素材を流し込む限り、
その鋳型から創り出されるものを
超えることが難しいのかなと
私は感じてしまうのです。

もしもそれが美空ひばりさんだとしたら
その鋳型から思いっきりはみだしてしまうでしょう(笑)

 

 

 

松田聖子の潜在能力

歌手としてはもうダメ?

少し前まで、正直私はそう感じていました。

 

言い方は悪いけれど

「昔アイドルやってたおばさんが
 若作りしてフリフリ着て歌ってる〜っ」

 

そんな感覚に近いかもしれません。

正直見る度に痛々しくて、
もう20年以上会員となっている
ファンクラブの会費も、今年分は
未だに振り込めずにいます。

 

こういう松田聖子を私は応援したいのか・・・

此処数年、葛藤と隣り合わせの状況です。

 

 

それでも松田聖子に期待してしまうこと

松田聖子という歌い手はもともと

自分を歌に合わせるのではなく
歌を自分のものにする能力が高い

歌手なのです。

 

それが、80年代に第一線のアイドルとして歌い、
未だに肩書きを

”歌手”

として立っていられる所以なのだと思います。
(評価は別として、、、です)

 

声が出にくくなった彼女にも
”歌って欲しい”
というオファーは未だにあるわけです。

もちろん80年代の松田聖子=幻想
を思い描いてオファーをし、
見る側も聴く側も頭に
”あの松田聖子”
を想定してのことですが・・・

 

でもそこを超えて
今の松田聖子にも歌手としての魅力はあると、
あって欲しいと思う私がいます。

 

歌の鋳型を作り
人々の脳裏に焼き付けてしまう才能

 

歌の力とは
音程が確かで
声量がある
だけでは計れないもの。

 

私はそう思っています。

 

コメント下さった方の気持ち、私の気持ち

 

多くの方がこのブログの松田聖子に関わる記事に
コメントを寄せてくださいました。

 

その中で多いのが

今の松田聖子の歌声が聴きたい。
 たとえ声が出なくて苦しそうでも
 ”今を生きている松田聖子”
 を見たい

です。

 

 化粧品のCMもいいでしょう
 歌番組で奇麗ですね〜と褒められるのもいいでしょう

 でもそこじゃなくて、聖子ちゃん。

 歌番組を見る度に
 「今回は歌ってるのかな?口パクかな?」
 と心配(ある意味失望かな?)したくない。

 

もちろん、他の大勢のファンの方は
「聖子ちゃんはいつも素敵!可愛い!歌に感動する!」
と神化して見ている方もいるでしょう。

 

それはそれでいいんです。

 

ただ、少なくとも私は

松田聖子に”松田聖子の才能”に目をつむって欲しくない

そう思っています。
恐らく、サンミュージックの故相沢会長も
松田聖子をもう一度、本物のスターにしたい!
と熱望した理由なのかなと想像します。

 

 

 

聖子 in 2017紅白〜その歌声は・・・?

ついさきほど、紅白が終わりました。

そして、松田聖子さんも、ブルーのフリフリワンピースを来て

エンディングに立っていましたね。

 

2017年紅白で歌った歌

今年

「何歌うんだろう?また昔のヒット曲を口パクで歌うのかな?」

なんて意地悪なことを考えていたのですが、

あったんですね、NHKつながりの1曲が。

 

ドラマの主題歌だった・・・

NHKで放送されていた『町工場のオンナ』ってご存知ですか?

私はタイトルと内山理名さんが主演だってことは知っていたのですが、

まさかその主題歌を聖子ちゃんが歌っているなんて知ったのは今週でした^^;

タイトルは『新しい明日』

そんな理由でもないと、もう紅白には呼ばれないかもしれない...

 

出来映えは?やっぱり口パク?

内心ハラハラしながら待っていたんです。彼女の出番を。

最近、ファブリーズのCM見ても全然良くないしT_T

 

でも、安心しました。取りあえず、ちゃんと生で歌ってました。

 

↓こちらはリハの様子。セットは本番そのままですね。

 

口パクじゃないって思った理由

私はですけれど、ちゃんと生で歌っているって判断しました。

一緒に見ていた母にも

「聖子ちゃん、ホントに歌ってるの?」

と聞かれました(笑)

 

 

声が出ていなかった

 

そう、去年の歌唱時と比べて、格段に声が出てなかったですね。

そうなんです。今の聖子ちゃんがPOPSを歌うとあーなるんです。

ミドルテンポで、音域がちょっと高目の、世間的なイメージの”透き通った声”に聴こえる歌を歌うと・・・。

 

 

目をパチパチ

 

私もつい先日気づいたのですが、

生声で歌っていると眉間のしわも去ることながら、

瞬きが激しい!!

目をパチパチぱちぱち。

まると酸欠のお魚が口を必死に動かしているかのようです。

 

 

それにしてもまたタイトルに ”明日” って使う?

☆明日へと駆け出して行こう

☆素敵な明日

☆私の明日へ

☆明日へのふたり

 

結構多いですよね^^;

 

 

聖子とJAZZ

これは完全に個人的な意見ですけれど(いつもかっ(笑)

聖子独自のJAZZを期待して聞いたので、ちょっと残念な印象を受けました。

また宣伝も、バンドメンバーの凄さとか、スタジオの知名度なんかを羅列していたので、まあ歌唱力とか世界観では押せないんだなぁと思っていたんですね。

 

でも、先日、レコード大賞企画賞を獲ったとのことで会場で『追憶(The way we are)』を歌っているのを聴きました。

 

これがね、、、良かったんです。

生で歌っていても伸び伸びしていて、80年代のPOPSなんか歌うより、今の松田聖子をいきてる感じがとても心地よかったんですね。

CDより数段良かったです。

 

『イパネマの娘』なんかのテンポが早いものより、ミドルテンポ〜スローのものがいいですねぇ。彼女の声質がそのまま表現できる気がします。

 

本当に、できたらJAZZを含め、こういった真の松田聖子の歌唱力をじゃんじゃん発揮して欲しい・・・

 

まとめ

1.2017年紅白歌合戦で、松田聖子は『新しい明日』を歌った

2.今年は口パクではなく、生で歌っていた

3.生で歌っていたと判断した理由は、皮肉にも声が出ていなかった・・・ということからわかった。

4.レコード大賞でのスローJAZZは松田聖子の良さが出ていてとてもよかった

 

本日は以上です♪

スポンサードリンク