録音

松田聖子アルバム 大村雅朗作品集 懐かしく切ないベスト

スポンサードリンク

「Seiko Memories〜Masaaki Omura Works」・・・

単刀直入に言うと、
本当によかったです、このベストアルバム。ほぼ衝動買いに近い状態だったのですが、その熱とは裏腹に、
懐かしさがキラキラするような、
切なくウキウキするような、
そんな新鮮な感覚があります。松本隆さんの寄稿がその感覚をより鮮明にしているのかもしれません。

今回リリースされた大村雅朗作品集というベストアルバムを機に、松田聖子という歌手への関心が再び沸き上がってきています。

これまで様々なベストが出ましたね。
その中には呉田軽穂(ユーミン)や財津和夫さん、原田真二さんなどのアーティストに書き下ろしてもらった作品を集めたもの、A面とB面を集めたもの、レコードジャケットの復刻版・・・

それこそビビビとくるものもなく、「レコード会社、ベストでまだ稼げるんだ」と思う程度でした。

でも、
今回の「Seiko Memories〜Masaaki Omura Works」は、知ったと同時に予約していました。
私にとって、恐らく多くのファンの方にとっても”大村雅朗”という名前は特別なものなんじゃないかなと思います。

Seiko Memories〜Masaaki Omura Works 内容

収録曲

DISC1

01. SWEET MEMORIES
02. P・R・E・S・E・N・T
03. 水色の朝
04. 黄色いカーディガン
05. 真冬の恋人たち
06. セイシェルの夕陽
07. マイアミ午前5時
08. WITH YOU
09. Canary
10. Sleeping Beauty
11. スピード・ボート
12. マンハッタンでブレックファスト
13. Kimono Beat
14. 雛菊の地平線
15. 雪のファンタジー

DISC2

01. 青い珊瑚礁
02. チェリーブラッサム
03. 夏の扉
04. 白いパラソル
05. 野ばらのエチュード
06. パシフィック
07. ガラスの林檎
08. 時間の国のアリス
09. ハートのイアリング
10. 天使のウィンク
11. ボーイの季節
12. Caribbean Wind
13. 夏のジュエリー
14. Strawberry Time
15. Forever Love

DISC3

01. SQUALL
02. 潮騒
03. 白い恋人
04. ウィンター・ガーデン
05. Sailing
06. パイナップル・アイランド
07. ブルージュの鐘
08. ジングルベルも聞こえない
09. メディテーション
10. BITTER SWEET LOLLIPOPS
11. AQUARIUS
12. とんがり屋根の花屋さん
13. Musical Life
14. 妖しいニュアンス
15. シェルブールは霧雨

bonus track
16. 櫻の園(rearrange version)

気になる『櫻の園』 槇原敬之のアレンジ

SONYが開発した、BluRayDiskを製造する工程をそのままCDに反映させたという技術が素晴らしいのか、音がとてもキレイです。なんでもこの技術はもともとの音源により忠実に再生できるのが特徴らしく、今までCDで聴いて来た音とはちょっと違う感覚がありました。

で、どうして『櫻の園』の感想のところでSonyの技術についてふれたかというと、アルバム『永遠の少女』で聴いた聖子ちゃんの声を少し違って聞こえたからです。なので
「あれ?リテイク?録音し直したのかなぁ(でも、声出てるし・・・)」
と迷ってしまったからです。
アレンジ云々より、まずはそれが第一印象でした。

どこかのレビューで読んだのですが
「槇原敬之のアレンジは、原曲の淋しさのようなものが軽くなり、単なるPOPSとなっている。」
というようなことが書かれていました。

確かに。「哀しみのボート」がミレニアムVer.では重い歌詞はそのままに明るく軽やかなアレンジになっていた、あんな感じに近いかな?
いい、悪い、ではなく、好みの問題。

とは言うものの、原曲が美しいのでどう料理しても素晴らしい曲には変わりないのですが、私にとって『永遠の少女』でのアレンジのシンプルさが強烈だっただけに、シンセサイザーのリズム音に慣れるのに、ちょっとかかるかなぁと、個人的には思っています。

松田聖子はこうして作られた

このベストアルバムを通しで聴いていて、本当に心地いいんです。
もうたくさんたくさん聴いて来たシングルの曲、珊瑚礁もチェリーブラッサムもアリスも、飽きないんです。先ほど取り上げたSonyの技術の賜物なのかもしれないですけれど、もっと作品に近づいたって感じかな?

今回、大村雅朗さん、松本隆さんといった作りの姿が見えるようなベストになっているような気がしています。もちろん、作成の意図がそこにあるので当然と言えば当然なのですが、ある種

松田聖子の作り方

みたいなものを表現してくれているような感じです。
ブックレットの中で松本隆さんが
「僕たち2人がいれば、誰の作品だろうと松田聖子の世界になってしまう」
というようなことを書いていらっしゃいます。
松田聖子をどんなアイドルにするか、アイドルから大人の歌い手にするにはどこから手を付ければいいか?アレンジ?歌詞?作家?・・・そんなことを年中考え、時には衝突し、激論を交わしながら作品にする。そしてその階段を聖子ちゃんは見事に昇っていった。

以前、松本隆さんは
「大人の女性として歌わせたい、育てていきたいと思える歌い手はそうそういない」
と話していました。
このベストアルバムは、大村雅朗さん、松本隆さん、そして聖子ちゃんの血と涙と汗、そして信頼の結晶を魅せてくれる作品だと私は感じます。

 

聖子ちゃん 大村雅朗さんとのエピソード

郷ひろみが繋いだ縁

大村さんが亡くなって少し経った頃、テレビ番組だったかラジオだったか、大村さんと聖子ちゃんを引き合わせたのは郷ひろみさんだったという話を聞きました。
当時、聖子ちゃんと郷さんはお付き合いを始めていたのか、既に大村さんと交流のあった郷ひろみさんが聖子ちゃんに紹介したとのこと。
大村さんも聖子ちゃんも同じ福岡県出身で、しかも家も比較的近かったことから、2人は意気投合したというのです。

お兄さんのような、でも血肉を分け合っているかのような戦友のような、そんな間柄だったと言います。

聖子ちゃんが大村さん宅に逃げ込んだ話

この話は、聖子ファンなら周知のことと思います。
デビューして間もなく、福岡県の実家に聖子ちゃんが戻っていた時の話ですね。

親御さんと喧嘩した聖子ちゃんは、そのまま家を飛び出してしまいました。
そして逃げ込んだ先が、大村さんのお家。
大村さんは
「何もなかったとしても、アイドルがこんなことをしてマスコミに見つかったら大事になる!!」
と大慌てしたといいます。
その後、聖子ちゃんが自分で帰ったのか、お母さんが迎えに来たのか忘れてしまったのですが、その時のことを
「私もバカだったわよねえ〜」
と笑って話していたそうです。

でもそれだけ、大村さんへの信頼が厚かったってことなんだろうなぁと思っています。

さいごに

松田聖子を今の松田聖子にしたのは、私達ファンなのかもしれない・・・

そんなことを最近強く思います。
このベストアルバム聴いてるだけで、聖子ちゃんが声に不安を感じているのな?と思えるところがいくつかあります。
松田聖子の最大の敵は松田聖子
聖子ちゃんに過大に松田聖子を求め過ぎて、彼女に無理をさせていたんじゃないかと。
聖子ちゃんが持っている天性の声質、歌の旨さ、表現力、記憶力、適応力、そして根性。それらを過去の実績と化石にすることなく、彼女が生きている限りその才能を生ききって欲しいと思うのです。

ただ、これも私の勝手な思いだから、聖子ちゃん自身が「今のこの私がいいの」っていうなら、それで納得する以外ありませんもんね。

松田聖子とYOSHIKI 紅白2016は成功?ネットでは賞賛の声? 

%e7%b4%85%e7%99%bd%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%9b%e3%82%992

2016年の紅白歌合戦。
松田聖子とYOSHIKIのコラボが実現したわけですけれども、私のブログにも多くの方が訪れてくださっていることから、みなさんの関心の高さが伺えます。

ご訪問ありがとうございます。

今回は、ネット上のある記事から、ちょっとひねくれた考えが浮かんだのでそれについて書こうと思います。

 

口パクは仕方なかった?

YOSHIKIの都合

yoshiki

 紅白リハキャンセルの経緯

 なんでも、12/29YOSHIKIの香港公演当日のこと、プロモーターから公演にあたって提出しなければならなかった申請書類が提出されておらず、開催許可が下りなかったとのこと。既に集まったファンはもちろん、YOSHIKI自身も呆然とし、涙さえ流す場面もあったらしいのです。

 そんなこんなで、当日、YOSHIKIのプライベートショーという形でコンサートを決行したいと現地で交渉をした結果、12/30夜なら開催許可が降りるとの回答を得たことから12/30に無料公演(本来のコンサートチケット代金は返金し、別途無料ライブに同伴者1名を含めご招待というスタイル)を開催し、同時に紅白のリハに参加できなかった・・・という経緯がありました。

 松田聖子とのコラボもさることながら、X-JAPANのリハもYOSHIKI抜き。まあ、話によるとYOSHIKIの遅刻癖は有名らしいですね。

 ぶっつけ本番のリスクを回避?

今回の紅白での演出は、正面ステージにYOSHIKI、客席内の特設ステージに松田聖子が立ってYOSHIKIとは離れて歌うというものでした。生ピアノと生歌、アコースティックスタイルの場合、こうやって離れて同時演奏するには相当息があっていないと難しいですよね。ほとんどの場合、楽器が歌い手の呼吸を感じて演奏するので、だからこそ生きた音楽を奏でられるんです。

 でも、普段から一緒に演奏することがなく、しかも紅白のぶっつけ本番、しかも離れてるっていう構成だと・・・んんん〜、リハなしは厳しいのかな?YOSHIKI側がね。

 などの理由から、YOSHIKIの演奏が録音音源を使用し、本番は当て振りになった可能性があります。

 

松田聖子の都合

1

 YOSHIKIのリハキャンセル

 一部報道では、「YOSHIKIが紅白のリハをキャンセルしたことで、芸能人としては先輩である松田聖子が怒り、今後YOSHIKIとは共演NGの可能性が高くなるほど緊張感が高まっていた。」なる記事が出ていました。

 ・・・これはどうでしょう?

たかだか、リハが出来なかったことで ”技術的、能力的に松田聖子が怒る” ってことはないと、私は思います。ただ、演奏には ”お互いの呼吸を合わせる” ことが一番大切なので、リハなしで本番に生演奏することがリスクを高めるなら、ピアノ演奏は録音にしましょうとなった可能性はあります。

 

 YOSHIKIに便乗という可能性

 YOSHIKIが当て振りだったことは仕方ないとして、では松田聖子が口パクをする必要があったか?というところですよね?

 正直、伴奏が録音音源であったとしても、基本的なテンポ、リズムが一定であれば歌えます。歌番組ではそうやって歌っているんですから。ただ、今回、松田聖子が口パクだったとしたら、

 ”YOSHIKIさんのピアノが録音なら、歌も同じく録音すればお互いにリスクは減りますよね”

って話になった可能性はあります。なので、予め録音してあるYOSHIKIのピアノ音源に聖子ちゃんが歌を吹き込んだなどの作業があったのではないか?と推測されます。

 

 どっちにしても口パク?

 これは考えたくはないのですが、YOSHIKIが生演奏しようがしなかろうが、口パクをするつもりだったかどうか?です。

 自分よりもキャリアのある石川さゆりや天童よしみなどの先輩が歌う環境の中、恐らくそれはないとは思うけれど・・・。

 でも、此処数年の歌唱力、声量、音域の低下を見るにつけ、以前からTV番組では口パクをしてきているってこともあった、口パクを疑わざるを得ない状況です。

⇒SONGSでの松田聖子

 

口パクでも賞賛の声が続々!

nhk-twitter

松田聖子、器の大きさ

2ちゃんねるなどを見てみると、

・YOSHIKIが遅れたくらいで怒る人ではない
・80年代に成田空港のデッキや電車のホームから生で歌える聖子が、リハなしくらいで動じるわけがない
・紅白のラストでYOSHIKIと「あら?こんにちはぁ〜」的に話しかけて握手していたんだから、器が大きいなって感心した

などの声を多く見かけました。

周りの事態に動じない、松田聖子の肝っ玉の据わり具合に感心した方が多くいたようですね。

 

口パクでもいい!

・前年、前前年を見ていると、今回あんまりにも奇麗に歌っていたからちょっと不安だった
・聖子ちゃんの歌唱力が戻って来たと喜んでいたから残念。
・口パクでもいい!

などの声を見かけました。

「口パクでもいい!松田聖子がまだ現役で登場して歌える姿を見ることが出来れば・・・」

そんな声に、私、とても反省しました。確かに、歌い手にとってリアルタイムで歌が歌えるということは最低限の条件だと思っていたんですね。

 

口パクでもいい!生で歌ってもらえたらもっといい!

 

そんな風に思えたらいいなと思います。(でも本音はやっぱり、松田聖子の生声で生きた歌が聞きたい(笑)

 

まとめ

matome

1.2016年紅白歌合戦の松田聖子とYOSHIKIの『薔薇のように咲いて、桜のように散って』について、私が疑問に思っている ”どちらも録音音源だったのではないか?” ということについて書いています。

2.YOSHIKI側の事情として考えられるのは、コンサートが12/30に延期になったため紅白のリハーサルに参加できなかったことで、ぶっつけ本番を避けたのではないか?という可能性です。特にYOSHIKIは正面ステージ、松田聖子は客席内の特設ステージと離れているという演出だったこともあり、リスクを避けた可能性があります。

3.松田聖子側の事情として考えられるのは、YOSHIKIがリハに参加できなかったことで当然彼女と合わせる時間が取れなかったため、ピアノが録音音源を使用するなら歌も一緒に録りましょうということになった可能性です。

4.今回YOSHIKIがリハに参加できなかった状況にもかかわらず、彼女が堂々としていたことに”さすが器が大きい”ネットや2ちゃんねるなどでも松田聖子への絶賛の声があがっています。

*****

今後も、松田聖子ファンとして、独断と偏見での考察をしていきたいと思っています。

スポンサードリンク