泣ける映画〜泣くのが苦手なあなたへ〜

%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%92%e3%82%99%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%bf

前回、泣ける話や泣ける歌、本などをご紹介しました。

インターネット上で既に人気のものから、私の体験談を交えての話題となりましたが、グッとくるものがあったら嬉しいです。

今回は、私が何度見ても涙を流してしまう映画をご紹介します。

君の読む物語

%e5%90%9b%e3%81%ab%e8%aa%ad%e3%82%80%e7%89%a9%e8%aa%9e

泣ける理由

私は未だかつて、こんなラブストーリーは見たことがありません。
この『君に読む物語』は、究極のラブストーリーであり、究極のハッピーエンドだと、私は想っています。

たった一度の人生の中で、たったひとつでも心底、命をかけられることって、あるいはたった一人の人って、出逢えたら幸せだと想いませんか?

そして自分が死ぬその瞬間まで、君は大切な人なんだよと、何の疑いもなく確信を持って、まるで明日もそうであるかのように穏やかに最期のときを過ごす・・・そのひたむきさと純粋さに、感動の涙が止まりませんでした

本当の意味でのハッピーエンド、そして想いが報われるとはどういうことなのか・・・毎日色々、いろんなことがあるけれど、この映画を見て、もっともっと先の年老いた自分にもちょっとくらい夢を託す事ができるのかな?そういう自分を信じてみたいなと想えた、そんな映画です。

 

動画

あらすじ

その恋は一目惚れだった。そしてどんなに君が離れて行っても、引き裂かれても、年老いたとしても、その恋の炎は消える事がなかった。たとえ君が二度と僕を思い出さなかったとしても・・・。その証に、僕は君に読み続けるんだ、この物語を・・・。

 

小説

原作はニコラス・スパークス。『マンマミーア』のソフィー役や『レ・ミゼラブル』のコゼット役を演じたアマンダが主演した『親愛なる君へ』の原作もニコラス・スパークス。

 

 

泣けたコンサート

松田聖子

「林檎酒の日々」

松田聖子2003年のコンサートツアー「Call Me」。
この「林檎酒の日々」という曲は、作詞が松本隆、作曲はデビット・フォスター。あの有名な「抱いて・・・」のコンビであり、同アルバム「Citron」のラストの曲です。

こんな曲を、生で、しかもこれオープニングですよっ!歌っていたんです。当時本人が「オープニングだけで、もうこのコンサートが終わった!って思えるくらいのエネルギーを注ぎました」というほど、ファンの間からも、「まさか生きている間に聴けると思わなかった!!」と感動の声が続出でした。

演出

また個人的な見どころは、センター上段でピアノを弾いていた原田真二が、途中から背中にしょったギターを弾き始める2:15過ぎの部分です。

まるでサーベルのように背中にしょったギター。

あのオーケストラの映像は、あのコンサート用に本当に演奏してもらった映像と音で、その音源を生かしつつ原田真二がピアノを演奏していました。ほぼ全ての楽器を演奏できる原田真二だからこその演出!

歌唱力

もう、なんも言えねーって感じです。このころですら松田聖子は歌唱力が落ちたって言われていたんですよ。昨年や今年の紅白を思い出しても、「なんて贅沢な!」って思えてきます。

この素晴らしい歌声を二度と聴けないのかと思うと、思わず涙が込み上げてきます。どうして松田聖子という才能を生かし続ける事ができなかったんだろう?どうしてもっと大切にできなかったんだろう?

そんなことを思わずにいられなくなります。

80年代だけでない、松田聖子の歌をしばしご堪能下さい。

 

WhitneyHouston

正確にはコンサートではないのですが、スーパーボウルの開会式での歌声です。この時、一体誰が、Whitneyがあんな形で声が出なくなり、あんな姿でこの世を去るなんて想像したでしょうか?

今でも語り継がれ、歴代最も素晴らしかったという呼び声も高いWhitney。

本当に淋しいです。そしてやっぱり思います。彼女のファンでよかった、、、Whitneyの歌声を間近で聴く事ができたこの時代に生まれてよかったと。

 

まとめ

matome

1.私が推薦したい泣ける映画・・・それは『君に読む物語』です。これほどのハッピーエンドの映画を私は知りません。1年に1回は見たい、何度見ても心が震える映画です。

2. 次にご紹介したのが私が今まで見た、泣けるコンサート映像です。松田聖子が2003年に開いたコンサートツアーのオープニングに歌った『林檎酒の日々』。まさか生で、しかもオープニングで聴けるとは夢にも思っていなかったので感動はひとしお。と同時に、もう二度と聴く事ができないと思うと、さらに泣けてきます。

3. 最後にご紹介したのはWhitneyHoustonがスーパーボウルで歌った映像です。もう輝かしくて自信に満ちあふれているWhitneyの姿。どうして私たちは彼女を失わなくてはならなかったのか・・・。感動と淋しさに、未だに涙が出てくる歌声です。

 

今回、ご紹介した映像は少なかったですが、どれも決して色あせる事のない、素晴らしい作品です。過ぎてしまった時間は取り戻せない、、、それがどんなに美しくても、どんなに醜くても。
しっかりと受け止めて生きて行きたいです。

泣ける話、泣ける歌〜泣くのが苦手なあなたへ

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99

最近、泣いた記憶はありますか?

悲しい涙
悔し涙
驚きの涙
辛い涙
うれし涙・・・

私、泣くのが苦手なんです。でも、泣きたい気分のときもあるんです・・・なんだか自分勝手な気もしますが、、、そんな、私と同じ経験を持っていらっしゃる方の参考になれば・・・と、今日は”私でも泣けたお話”などをご紹介します。

 

泣けた話

youtubeから”ともだちの話”

これは、この話を綴った方の心が映し出されているかのような、静かな静かな感動です。でも、正直、嗚咽するくらい涙が止まりませんでした。

単なる美談ではなく、そこに弱さや虚勢、若さ、罪悪感がある、普通の人が日常感じるのと同じ光景があります。

信じた後で、「もしかしたら嫌われたかも」「もしかしたら裏切られてるかも」と思う瞬間ってないですか?
でも信じきること」や「信じきる力は、例え命尽きた後でも必ず生き続けると、そんなことを強く感じた動画です。

 

犬のチャーリーと猫のスカウト

大好きだった犬のチャーリーを失った猫のスカウトとその家族。失ったことを受入れられず、途方に暮れる猫のスカウト。思い出にするにはあまりに突然過ぎたのかもしれません。

左がスカウト、右がチャーリーです

 

 

ヒロくんとぼく〜おがわじゅりさんの絵本より〜

ヒロくんとぼく

いやいあ、、、久しぶりに見て、そしてまたもや泣いてしまいました。

『ヒロくんとぼく』という絵本です。

おがわじゅりさん

おがわじゅりさんは、馬を中心としたイラストや絵本を手がけています。

東京競馬場の内馬場に向かう壁には「うまのきもち」という馬と仲良くする秘訣である、馬の表情や気持ちをイラストにして教えてくれています。
こちらはLINEスタンプの絵柄になります。こんな可愛い馬達を書いているんですよ〜。

 

 

タイの感動CM

こちらはタイで作られたCMで、色々な方が紹介しているので既にご存知の方も多いのではないでしょうか?

「信じること」とは「相手ではなく、自分が自分にとって正しいことをしていることに自信を持つ」・・・とそんなことを感じた動画です。

みなさんは、何か感じますか?

泣ける歌

中島みゆき「誕生」

この歌は『奇跡の山〜さよなら、名犬平治』という、女の子と女の子犬(平治という名前のメス犬でした)の映画で主題歌として歌われていました。

私が20代前半の頃、精神的ショックから半年間ほど感情がフリーズしてしまったことがあったんですね。喜怒哀楽とはどういうものかがよくわからなくなってしまう感覚。

そんな中、突然、ほんとうに突然この歌の一節が頭の中を流れ始めたんです。その途端、全身の血管に血が通い始めたような感覚に陥りました。そして、体中が熱くなり、手の指、足の指にまでも血管に血液が流れているのを感じたんです。

それはまるで、電池切れだったアンドロイドの電池を交換し、久しぶりに通電したかのよう・・・

そんなある意味、「生まれ直し」を体験できた、私にとってとてつもなく凄い歌です。

私を復活させた歌詞とは

 

「泣きながら生まれる子どものように、もう一度生きるため、泣いて来たのね」

 

というくだりです。

もしかしたら、私とおなじような、小さい頃から泣く事を許されなかった方には、わかっていただける感覚かもしれません。

 

泣けるセリフ

%e8%8a%b1%e7%87%83%e3%82%86

大河ドラマ『花燃ゆ』 第49話「二人の再婚」の中の1シーンです。

初恋の人である義理の兄とは戦友のような、血よりも濃い絆で結ばれているような近さで、離れていようが、時代が変わろうが、共に同じ志を持って生きてきました。自分の連れ合いが戦死し、姉が病死し、周りの人々は二人が結ばれる事を望んでいます。望んでいると言うより、結ばれることが自然なことだとわかっています。

義理の兄(大沢たかおさん)も彼女を自由にしてやらないといけない、義理の妹ということに甘えて縛り付けてはいけない・・・と態度を硬化させます。でも、振り返ってみると人としてどれだけ彼女に助けられ、そしていくつもの壁を乗りこえ信じ合ってことにあたってきたかを痛感します。そして、腹を決め、世間体や一般論を乗りこえ、彼女に求婚するのです。

 

でも彼女はまだ心を開けずにいます。自分だけが幸せになってはいけない、無くなった夫を忘れられないし、姉を差し置いて・・・と迷いながら、生まれた家で母親にそっと打ち明けます。

 

娘役は井上真央さん、母役は壇ふみさん。

 

その檀ふみさんの芝居が、ほんとに素晴らしく、まるで私に語りかけてくれてるような錯覚に陥りました。
心からこんな風に言われたら、それだけで幸せだと感じる事ができるだろうな・・・そんな風に心がぐっと暖かくなった場面です。

『花燃ゆ』 第49話「二人の再婚」

※28:00頃から始まります。

 

泣ける本

Ring bells“ballade”―Hand talk=heart talk  著:門秀彦

これは手話の本です。今はもうないのですが、日本橋コレドの中にあった「セレンディピティ」で買いました。
amazonのレビューにもあるように、今まで見たことがないくらい暖かくて切ない手話の本。

 

「僕に翼があったら、今すぐ飛んで行くのに・・・」

 

という内容の手話のページを見た瞬間、涙が溢れて来て買う事を決めました

決して辞書的ではなく、誰かに伝えたい言葉、誰かに言って欲しい言葉がたくさん載っています。
手話を身につけるつけないという話では終わる事が出来ない、心からの言葉がつまったRING BELLS。

 

手は心臓と同じ大きさ。だから心の言葉を伝えたくて握手をしたり、肩を抱いてもらいたくなります。その心を伝えてくれる手から紡がれる言葉が手話。
勉強しようと思ったら出逢えなかったこの本に、心から感謝です。

 

よかったら大切な人への、そして誰より大切な自分に、大切で素敵な言葉を贈ってみませんか?

 

まとめ

matome

1.泣ける動画のひとつめは、YouTubeで紹介されていた”ともだち”の話です。ここまで信じる強い力、無欲の力を持てたら・・・きっと想いは伝わるんだよねって思えた動画です。

2.2つ目にご紹介したのは、癌で亡くなった犬のチャーリーを思い続ける猫のスタウトのお話。嗅覚や触覚を越えたところで、亡きチャーリーを感じようとする姿に感動です。

3.3つ目は、競馬馬のイラストや絵本を描いているおがわじゅりさん作の『ヒロくんとぼく』。悲しいお話だけれど、最期までヒロくんとの明日を楽しみに眠る姿にふと心が救われる、そんなお話です。

4. 4つ目は以前からYouTubeで人気のある、タイのCM動画です。

5.泣ける歌には、中島みゆきさんの『誕生』。これは私にとっての泣けるて、そして生まれ直したような感覚になった歌です。

6.泣けるセリフには、大河ドラマ『花燃ゆ』より。主人公の母親役の檀ふみさんの優しくて暖かい台詞に、本当に私が言ってもらってるような安心感を覚えて、思わず涙が出てしまいました。

7.最後、泣ける本には門秀彦作の『Ring bells“ballade”―Hand talk=heart talk』。こちらは手話の本なのですが、「何て美しく、素敵な言葉が詰まっているんだろう!」そう感じて手にしたものです。