Amazon video direct

【Amazon video direct】検索できました!Amazonプライムビデオで動画が掲載された理由は?

AVDゑり音intro

 

 

Amazon video directに動画を投稿してから3日目。

今日、公開ステータスを確認したら、ステータスが変わってました!

 

公開済み

 

「へえ〜、やっぱり公開中とは違うマークに変わるんだぁ!」

「公開中って、やっぱり”公開準備中”って意味だったんだぁ!」

 

実際に体験してみると、

「Amazon video directには本当に個人が動画を投稿(アップロード)できるんだぁ」

と、実感が湧きますね〜。

 

先日、初めて投稿(アップロード)した記事は書きましたが、

その後、ちょっと気になったエラーが表示されており、

それに対する画像の修正を行いました。そのエラーは

 

 字幕(Timed Text)エラー。

 

この字幕(Timed Text)エラーへの対応が功を奏したのかもしれません。

今日はその手順についてご説明します。

 

 

字幕(Timed Text)エラー

エラー表示


表示されていたエラーはこのようなものでした。

15公開エラー

 

エラー部分を拡大してみます。

15公開エラー-2

 

 

エラーの内容


画像の通り、

「字幕(Timed Text)に、Amazonのコンテンツポリシーガイドライン、

 特に「顧客満足度が低い」欄に違反する内容が含まれています。」

とあります。

 

この文中にある「顧客満足度が低い」欄に違反する内容とは、

顧客満足度が低い
顧客満足度の低いタイトルは認められません。 コンテンツの顧客満足度が低いかどうかを判断する権利はAmazonが留保します。

詳細

例:

  • 音声とビデオの時間が合致しないソースファイルを含んだコンテンツ。
  • カバー画像にタイトル名が含まれていないコンテンツ。

引用:Amazon video directコンテンツポリシーガイドライン

 

私の場合、上記の

  • カバー画像にタイトル名が含まれていないコンテンツ

に当てはまるんじゃないか?と思い、キーアートの画像に修正を加えたのです。

 

 

キーアートの修正


修正前

キーアートに設定していた画像はこちらです。16:9の画像を例にしています。

Amzonvideo背景16x9

 

この画像の中央部に配置している画像は、映像の冒頭部分で表示されているプロフィールです。

16:9の大きさにするために藍色の背景と、さらに説明文をつけて加工しました。

ただ、藍色に塗った後、縦横比のバランスが悪くなってしまったので、幅部分の両サイドは塗らず、

白いままにしています。

 

ただ、

 

ガイドラインにあるように、

 

・動画につけたタイトルが入っておらず、

また加えて言うなら

・プログラム(曲名)が載っていない

 

2つめの項目、”曲名”は必ずしも必要ではないかもしれませんが

私もCDやDVDを手に取った時、収録内容をチェックするなぁと思い、

キーアートに設定したい画像を以下のように修正しました。

 

修正後

<16:9>のキーアート

Amzonビデオ背景16x9

 

<3:4>のキーアート

Amzonvideo3x4(1200x1600)

 

動画タイトルをそのままキーアートに入れていないのは完全にアウトですね〜。

アップすることにばかり気持ちが行ってしまって、お恥ずかしいです。

 

 

公開済みのマーク

自分のAamazon video directページで表示されている公開ステータスがどのように変わったのか?

 

 ”公開中” だった時には、○の下半分が緑に塗られた、こんなマークでした。

公開ステータス−公開中

 

一方、こちらは公開ステータスが ”公開済み” になったマークです。○が緑色で塗りづぶされてます♪

公開ステータスー公開済み

 

 

Amazonプライムビデオの検索結果


検索方法

Amazonプライムビデオのページを開きます

そして、検索窓に私の名前で、タイトルにも入れている 「ゑり音」 と入力してみると・・・

amazonプライムビデオ検索

 

出てきました!!

amazonプライムビデオゑり音

 

私は投稿時、”Amazonプライム会員には見放題にする” という設定にしています。

なので、購入するという操作を介さずに見ることが出来るようになっています。

 

 

カタログリストと出演者・スタッフ サイトでの表示状態

カタログリスト内ではこのように入力していました

比較用カタログリスト

 

そして、出演者にはこのように入力していました。 17出演者情報

 

カタログリストと出演者/スタッフ項目で入力した内容 Amazon上での表示

AVDゑり音intro

キーアート:この画面内では、キーアートとして3:4の画像が採用されています。

概要:簡単な英文を入れています。google翻訳を使って英語に訳したものを使いました。

主演:設定画面の ”出演者・スタッフ”内には

   「下記に記載された出演者のうち上から2人は、Amazonビデオ アプリ上で主演として表示されます」

   とありました。

   でも、私の動画を見ると、出演者に記載した3人のうち、一番上の私だけが ”主演” と表記されています。

 

 

投稿した動画の画面

私はAmzonプライム会員なので、アップロードした動画を見ることができます。

映像上には音量の設定や、全画面表示のアイコンが出ています。

そしてオプション。こちらは動画の評価をすることができるようになっています。

AVD動画の画面

 

こちらが評価画面の内容です。

AVD動画の評価

 

 

なお、YouTubeのようにサイズの設定を変えられる機能はありません。

そのかわり、広告も出て来ないですね。

その点、Amazonにアドバンテージがあるかなぁ。

 

 

今回試したことへの反省点

私の使用した映像を変換した際、変換設定が低かったせいで

荒くなりちょっと見づらくなってしまいました。

 

YouTube上では画質の設定を変更することができますよね?

720Pにすることでかなり高画質で見ることができています。

 

YouTubeの映像はこちら

 

 

 

まとめ

今日は、先日初めてAmazon video directを使用し動画の投稿をしましたが

やっとAmazonプライムビデオに公開されたので、公開されるまでに行った

修正箇所や操作、そして公開後の様子をご紹介しました。

  1. 字幕(Timed Text)エラーは、日本国内のみの公開時にも表示される
  2. 字幕(Timed Text)エラー「顧客満足度が低い」表示時に
    チェックした方がいいのは、カバー写真(キーアート画像)の
    ・タイトルの記載
    ・収録内容(プログラム)などの記載
  3. 公開ステータスについて、
    ・下半分が緑色の○マーク:公開中(審査中もしくは公開準備中)
    ・緑色に塗りつぶされた○マーク:公開済み(Amazonプライムビデオで検索可能)
  4. 公開後、自分が投稿した動画ページでは、主演として表示されているのは
    ”出演者・スタッフ”内で登録した1人目の名前のみ
  5. Amazonプライムビデオでは解像度設定ができない

 

Amazon Video Directを使用しての感想

この数日、Amazon Video Directって何?という状況から

Amazonプライムビデオで投稿(アップロード)した動画が

公開されるまでをレポートしました。

商品として売り出すという動画になるので、そこらへんは

YouTubeと違う点かなと個人的には思っています。

 

YouTubeへの投稿方法やサムネールの設定、また字幕ですら比較的

簡単に設定ができますが、それに比べてAmazonVideoDirectは

操作性、特に直感的な操作性に乏しいなという感想をもちました。

 

また、Amazonプライムビデオでも、できれば表示画質の変更ができたらいいなぁ。

例えばiPhoneやスマートフォンなどのデバイスやwifi使用時に見るときと、

自宅のPCやMac、光回線など使用時の設定とを変更できたら便利だなと

思ってしまいました。

 

それでも、

Amazon市場にせっかく投稿できたのですから、今後の動きが楽しみです。

 

 

 

Amazon video directへの動画投稿は誰にとっても本当に面倒なの?丸一日かかった私の体験談

今月、Amazonで自分で撮影、編集、そして製作した動画を投稿(アップロード)できるサービスが開始されました。

その名は

Amazon Video Direct(アマゾン ビデオ ダイレクト)

01AVD日本語

 

自作の動画を、Amazonっていう巨大マーケットにアップロードできるなんて、ちょっとワクワクするぅ!

 

・・・と、実はあまり深いことを考えず、

とにかくYouTubeみたいに簡単な操作で動画をアップロードできるのかな的な、

Amazonに動画をアップロードすると何がどういいのかなんてことも考えないまま、

「先日のライブ映像をアップロードしちゃえ!」

と、実にかるーい気持ちでといそいそとアクセスしてみました。

 

結果、かかった時間は丸1日。

途中、何回かエラーに阻まれ、しかもすぐに解決方法がわからないという状況。

サポートページを見ても、的を得た回答が載っていなかったり

サポートページ自体がURLエラーになっていたり・・・。

 

 

では、私だけじゃなく、みなさんにとっても本当にそんなに大変なのか、

Amazon video directの概要や、エラー事例を交えながら動画の登録手順をご紹介してきますので

疑似体験していただけたらと思います。

 

 

Amazon video directへの登録方法

日本語サイトにアクセスする


 

日本語サイトのURLは https://videodirect.amazon.co.jp/  です。

01AVD日本語

 

ちなみに間違いやすいのですが、

https://videodirect.amazon.com/ はアメリカサイトです。

02AVD英語

アメリカサイトを開いてしまったら、右上に表示されている ”English” をクリックし、ページの言語を 日本語 に変更します。

02-1日本語切替

 

 

日本語サイトにアカウントを作る、または サインインする


 

03サインイン

これからAmazonにアカウントを作る方はEメールアドレスの入力から始め、「サインイン」をクリック後に必要情報を入力します。

既にAmazonアカウントを持っている方は、Eメールアドレスとパスワードを入力「サインイン」をクリックします。

 

 

同意書


04同意書

内容を確認し、承認できたなら次に進みます。

 

 

管理者プロフィールの入力


05管理者プロフィール

管理者とはアップロードする動画について管理、責任を担う立場になります。

”会社名” を入力するように書かれていますが、個人で運営する場合は個人名を入力します。

入力が終わったら ”保存して続行” をクリックします。

 

 

銀行口座情報を追加する


 

収益化に備え、銀行口座を登録します。

”銀行口座を追加する” をクリック。

06スクリーンショット

 

収益を振り込んで欲しい銀行情報の入力が終わったら ”追加” をクリック。

07銀行

 

 

税金に関する質問


 

次は 税金についての項目を入力します。

08スクリーンショット

 

現在、アメリカへ税金を納めているか否かなど、現状についての質問に答えていきます。

09-1税に関する質問

 

”受益者の種類”について、私は ”個人” を選択しています。

09-2-1税に関する質問

 

”フルネーム”については、アルファベットで入力します。

09-2税に関する質問

09-3税に関する質問

入力が終わったら ”保存して続行” をクリックします

 

続いて、

電子署名にするか、署名情報を郵送で申請するかを選びます

 

09ー5税・電子署名

 

 

以上でAmazon video directへのアカウント情報の登録は終了です。

 

さあ、続いてはいよいよ動画アップロードのご紹介に突入です。

 

 

Amazon video directへの動画登録方法

タイトルの追加


10タイトルの追加

自分のアカウントの画面を開くと ”あなたのビデオ” というカテゴリがあります。

これからアップロードしようとしている動画が 単品の作品か、シリーズものの作品か、

どちらかを選び、”タイトルの追加” をクリックします。

次の画面では、アップロードしようとしている動画の情報を入力していきます。

 

カタログリストの入力


 

11カタログリスト

動画について、タイトルや概要を入力していきます。

キーアートとは、動画をAmazonビデオ上で表示する際に使用する画像らしいのですが、

ここでエラー連発してしまい、対処にかなりの時間を要してしまいました。

 

 

キーアート3:4の登録エラー


 

16キーアートエラー

噴き出し部分はこのキーアートについての注意事項なのですが、

 1080pixel ×1440pixel(3:4)サイズの画像が必要

と記載がされています。

 

ところが、そのサイズの画像を登録しようとすると

「画像の幅が、必要最低限の1200pixelより少ないから画像を変えろ」

とエラーが表示されてしまいました。

 

また 「詳細や例については、グラフィックアセットガイドをご参照ください。」

 

とあるものの、グラフィックアセットガイドのリンクは存在しないURLとなっていました。

 

 

どうやら・・・

噴き出し部分にあった ”1080pixel ×1440pixel(3:4)” という数値は大きな誤りで

正確には

 

 1200pixel ×1600pixel(3:4)

 

が必要なサイズだったようです。

まるでトラップ・・・

 

是非、お気をつけ下さい〜。

 

 

出演者情報を入力する


17出演者情報

”出演者・スタッフ” カテゴリーから、動画に携わった出演者、スタッフなどを入力していきます。

 

 

動画をアップロードする


12動画を追加する

“ビデオアセット” カテゴリーを開きます。

一番左の メザニンファイル です。

(わからいづらいですね〜)。

 

これが動画投稿するための機能です。

 

”参照” をクリックし、動画を投稿します。

 

 

動画の公開範囲などの設定をする


 

14公開の設定

この画像では

・日本国内 でのみ、

・プレミアム会員に見放題で

・すぐに公開する

という設定にしています。

 

 

字幕ファイルが必要?海外で公開するには?


 

字幕(Timed Text)情報

お客様を中心に考えることにこだわる企業として、Amazonはすべてのお客様に一貫したサービスを届けられるように努力しています。Amazonビデオ ダイレクトでは、アメリカで公開されるすべてのビデオに英語の字幕を要求しています(スペイン語のタイトルにはスペイン語が代用されます)。日本を除く世界中のAmazonプライムタイトルにも字幕を要求しています。

もし海外で公開したいなら、字幕ファイルをアップロードする必要があります。

引用:Amazon video direct サポート

 

日本以外の国々に公開する場合には、その内容を理解してもらうため、

字幕情報

が必要だとのこと。

 

字幕情報は、

=========================================

No,
表示開始時間 –> 表示終了時間
表示文字
<改行>
No,
表示開始時間 –> 表示終了時間
表示文字
<改行>
No,
表示開始時間 –> 表示終了時間
表示文字
=========================================

という内容で、メモ帳やテキストエディットなどで入力していけばいいようです。

 

出来上がったファイルは、ビデオアセット内、”字幕” の 参照 をクリックしてアプロードします。

12動画を追加する

 

 

 

公開ステータスのエラー


 

18公開ステータス

私は日本国内のみで公開する+見放題設定にしているので、字幕についてのエラーはでておらず

公開ステータスは 下半分が緑色になったマーク で ”公開中” となっています。

公開中とはなっていますが、実際には審査中という意味のようです。

 

他のイギリスやアメリカに関しては 公開ステータスは 赤 。

字幕を入れろと、エラーになっています。

私は日本国内のみの公開にしているので、今回はそのままにして、対処せずにしてあります。

 

 

最大の難問!アップロードした動画はどこから見られるのか?

 

追記:2016.5.19
    Amazon video directに私が投稿(アップロード)した動画が

    Amazonプライムビデオに掲載されました!

    →新たに表示された公開エラーへの対応がよかったのかもしれません。

 

 

これは私の動画がまだ 公開中という名の審査中 であることが原因なのかもしれないですが、

どうやら他の方々も、ご自分でアップした動画のURLなり、アクセス方法がわからず

投稿するにはしたけれど見ることが出来ない、、、

 

とおっしゃっています。

 

あなたのビデオへのリンク

あなたのAmazonビデオ詳細ページに、ご自分のウェブサイトやマーケティング資料へのダイレクトリンクを追加できます。

  1. Amazonビデオページ(www.amazon.com/video)にアクセスします。
  2. タイトル名であなたのビデオを検索します。
  3. ビデオの詳細ページを開きます。
  4. ご自分のウェブブラウザアドレスバーで、URLの中の/dp/以降の10文字のASINを探します。例えばURLがhttp://www.amazon.com/dp/B00I3MPZUWの場合、B00I3MPZUWをコピーします。ASINの前後の他の文字は一切コピーしません。
  5. 以下URL内のASINという文字の箇所に、上記のASINを置き換えます。
    国名

    URL

    アメリカ合衆国

    http://www.amazon.com/dp/ASIN

    英国

    http://www.amazon.co.uk/dp/ASIN

    ドイツ

    http://www.amazon.de/dp/ASIN

    日本

    http://www.amazon.co.jp/dp/ASIN

    引用:Amazon video direct サポート

 

この文中から読み取れることは、とにかく公開にさえなれば、

Amazonビデオ内で自分の投稿した動画は、検索したら見つかる...

ということのようです。

 

この点についてはもう少し様子を見ないといけないですね。

 

そもそもAmazon video directって、何?どんなことができるの?

Amazon video directに投稿された動画は、

Amaznプライムビデオ内でプライム会員が閲覧できるサービスとなっています。

 

そして、

”プライム会員なら無料で見ていいですよ〜”

と、見放題設定している動画はプライム会員費用だけで動画を好きなだけ見ることが出来ます。

 

とはいえ、動画を投稿する際の設定項目には、

 

の中から1つ選択するよう促されます。

 

多様な収益化

プライム会員のストリーム時間、レンタル・購入・追加会員制サービスの月会費・アドインプレッションからのレベニューシェア、またはこれらオプションの組み合わせより、タイトルごとにロイヤリティの稼ぎ方を決められます。

世界へ配信

Amazonビデオを視聴できる場所すべて(アメリカ、ドイツ、オーストリア、イギリス、日本)、およびすべての対応デバイス(Fire TV、スマートフォン、タブレット、ゲーム機、スマートTV、ウェブ)で、タイトルを配信できます。

データから販売方法最適化

ストリーム時間、追加会員制サービスの会員人数、見込み収益、支払い履歴といったストリーミングデータ一覧を使って、タイトルの販売促進方法を最適化することができます。

引用:Amazon video direct サポート

 

動画をAmazonという巨大マーケットの商品として収益化することもできるし、

動画をAmazon利用者への宣伝ツールとして収益化の仕組みを作ることも出来るし、

Amazonは、動画の投稿者とその閲覧者双方にお買い物してもらう機会が増える・・・

 

実に、Amazon video directって魅力的に見えてきますよねっ。

 

 

まとめ

1.Amazon video directは,YouTubeのように個人が動画を投稿できるAmazonのサービスです

2.Amazon video directでアップロードした動画はAmazonプライム会員のみが閲覧できるサービスです

3,アップロードした動画はAmazon内で販売することも、無料で見放題プログラムに設定することも、どちらでも選択できます

4.管理者情報の登録では、名前、住所、税に関わる質問等、多岐に渡り入力する必要があります

5.キーアート3:4の画像は 1200pixel×1600pixel と1920pixel×1080pixel を用意します

6.日本以外にも動画を配信したいなら、字幕ファイルのアップロードは必須

 

Amazon video directは、今はまだまだ投稿者もすくないためそんなに盛り上がりを見せてはいませんが、

Amazonという巨大マーケットを自分の市場にできるっていうのは、本当に魅了的です!

今後もっと使いやすくなってくれることを期待しています!